七夕の意味や由来は?棚機(たなばた)と天の川伝説と乞巧奠(きこうでん)

7月7日は七夕です。

毎年七夕の日には笹竹に飾り付けをして、色とりどりの短冊に願いごとを
書いて吊るし、星にお祈りをする習慣があります。

ではそもそも七夕の意味や由来はどのようなものなのでしょうか?

「織姫さまと彦星さまについては聞いたことあるけど、詳しくは知らない」

という方も多いのではないでしょうか?

  

七夕の意味や由来は?

七夕の意味や由来については諸説ありますが、一般的には次の3つの行事が
合わさったものだと言われています。

(1)日本古来の神事「棚機(たなばた)」

(2)中国の織姫と彦星の伝説

(3)中国の行事「乞巧奠(きこうでん)」

(1)日本古来の神事「棚機(たなばた)」

「棚機(たなばた)」は日本の古い神事で、「棚機女(たなばたつめ)」という
選ばれた女性が川の近くにある「機屋(はたや)」と呼ばれる建物にこもって
着物を織り、それを神棚に供えて秋の豊作や人々の無病息災を祈るものでした。

この着物を織るのに使った道具を「棚機(たなばた)」といいました。

後に仏教が日本に伝えられると、お盆の入りにあたる旧暦7月7日の夜に
行われるようになりました。

「七夕」という漢字を(たなばた)と読むのはここからだと言われています。

(2)中国の織姫と彦星の伝説

織姫と彦星の話は知っている方も多いと思いますが、これは昔の中国では

織女星(しょくじょせい)《琴座の一等星ベガ》は裁縫の仕事

牽牛星(けんぎゅうせい)《鷲座の一等星アルタイル》は農業の仕事

をつかさどる星だと言われ、旧暦の7月7日に天の川をはさんで二つの星が
もっとも輝くとされたことから、織姫と彦星の伝説が生まれました。

(3)中国の行事「乞巧奠(きこうでん)」

「乞巧奠(きこうでん)」というのは中国の古い行事の一つで、
織女星に裁縫の「巧(たく)」みを「乞(こ)」う「奠(まつ)」りという
意味で、祭壇に針などを捧げて裁縫の仕事を司る織女星にその上達を
祈る儀式でした。

やがて乞巧奠は日本の宮中でも行われるようになりました。

ごちそうを供えて、竹に五色の糸と布、灯明などを飾りつけ、和歌を
詠んだり雅楽を演奏したりして、裁縫だけでなく和歌や楽器、書道など
様々な芸事の上達を祈るようになりました。

江戸時代には庶民にも広まり、歌や願い事を書いた短冊を掛け、
飾り糸などで竹を彩るようになりました。

まとめ

私たちが夏の行事の一つとしてごく当たり前に見てきた七夕は、
日本古来の神事である「棚機」に仏教のお盆の要素が加わり、
さらに中国の天の川伝説と「乞巧奠」という行事が合わさって
できた習慣でした。

現在はいろがみなどで織姫さまや彦星さまを折ったり、
夏の風物詩をかたどった様々な飾りつけをしたり、短冊に
願いごとを書いて飾ったりして保育園や幼稚園、学校そして
ご家庭などで楽しむようになっています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です