土用の丑の日の意味は?いつから始まった?うなぎとの関係は?

夏になるとテレビの番組や雑誌などで

「土用の丑の日にうなぎを食べて夏を乗り切ろう」

なんて言っているのを見たり聞いたりしますが、
そもそも「土用の丑の日」って何なんでしょうか?

スポンサーリンク
  

土用の丑の日の意味は?土用って何?

2016年の土用の丑の日は7月30日です。

「土用」というのは、こよみの上での節目である立春、立夏、立秋、立冬
それぞれの直前の18日間のことをいいます。

もちろん土曜日とは関係ありません。

土用の丑の日の「土用」の起源は中国の陰陽五行説から来ています。

陰陽五行説では、この世の全てのものは木火土金水の5つの元素(五行)
からできていると考えていて、四季で考えた場合、春・夏・秋・冬を
木・火・金・水と配置すると土が余るので、各季節90日のうちの
最後の5分の1(18日間)を土にあてました。

この期間を土用といいます。

また丑の日とは、旧暦(昔のこよみ)で使用される十二支の丑に当たる日
のことをいいます。

ですから土用の丑の日は春夏秋冬のそれぞれの最後の18日間にやってくる
丑の日のことで、18日間のうちに十二支は一回り半しますから、各季節に
土用の丑の日が1~2回やってくる計算になります。

ちなみに、例えば夏に土用の丑の日が2回やってきた場合、一回目を
「一の丑」、二回目を「二の丑」と言います。

土用の丑の日とうなぎの関係は?

本当は各季節ごとに土用の丑の日があるのに、特に夏の土用の丑の日が
注目されるのはなぜでしょうか。

スポンサーリンク

それは「夏の暑い時期を乗り切るために土用の丑の日にうなぎを食べて
栄養をつけよう」と平賀源内が言ったからとされています。

もちろん諸説は色々ありますが、平賀源内の発案というのが一般的です。

江戸時代、夏にうなぎが売れないことを店主が平賀源内に相談したところ、
「本日土用丑の日」という紙を貼り出すことを提案したとか。
今で言うキャッチコピー広告みたいなものですね。

平賀源内自身は、丑の日に「う」の付くものを食べると夏バテしないという
昔からの言い伝えをヒントにしたとされています。

キャッチコピーが効いたのか、博識の平賀源内の言うことと噂が広まったのか
店は繁盛し、他の店にも広まり土用の丑の日にうなぎという考えが一般的に
なりました。

このような理由で

土用の丑の日→うなぎを食べて栄養をつけて夏バテ解消

となり、特に夏の土用の丑の日が注目されるようになったと考えられます。

まとめ

うなぎにはビタミンAとビタミンBが豊富に含まれています。

中でも水に溶ける性質のビタミンB1は、汗と一緒に体外に流れ出やすく、
夏は特に不足しがちな栄養素なのでうなぎを食べるというのはとても
合理的とも言えます。

もし商品を売るためだけに方便を言ったというのであれば、平賀源内が
いくら当時有名な知識人であったとしても現在まで伝わっていなかった
かもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です