十三夜のお供えは?十五夜との違いは?ピッタリの食べ物は?

2018年の十三夜は10月21日(日)です。

十五夜(中秋の名月)が天気が悪くて見れなかった、という人も
まだ10月にも十三夜というお月見の行事があります。

今回は、

・十三夜のお供えは何がいいのか?
・十五夜との違いは何か?
・ピッタリの食べ物は?

をご紹介します。

スポンサーリンク


 

十三夜のお供えは?

家の縁側、あるいはベランダに小さな机を出してススキなどの秋の七草を
飾ってお神酒(おみき)をお供えします。

そして中央に月見団子を13個と今年収穫した秋の野菜や果物をお供えします。

具体的には、栗や枝豆など、果物は梨や柿などをお供えするのが一般的です。

十三夜と十五夜の違いは?

十五夜は日本だけでなく、中国や韓国、東南アジアの国でも広く行なわれて
いるのに対して十三夜は日本独自の行事です。

十五夜が基本的に満月を眺めるのに対して十三夜は満月になる前の少し
欠けた月を眺めます。これは、

「月は少し欠けているぐらいが風情がある」

という日本人の昔からの「わび」「さび」の精神から来ているのかも
しれません。

また、十五夜は月見団子を15個お供えするのに対して十三夜は13個とされて
います。尚、地域によってはふつうの年は12個で、うるう年だけ13個供える
という場合もあります。

お月見自体が秋の収穫を祝う行事ですから、収穫物のお供えは欠かせない
のですが、十五夜は9月、十三夜は10月に行なわれますので、旬の収穫物が
変わってきます。

昔から十五夜ではイモ類、中でも里芋をお供え下のに対して十三夜では
枝豆などの豆類や栗をおもにお供えしました。

そのため、十五夜(中秋の名月)のことを「芋名月(いもめいげつ)」、
十三夜(後の名月)のことを「豆名月(まめなづき)」「栗名月(くりなづき)
と言ったりします。

スポンサーリンク

十三夜にピッタリの食べ物は?

さて、十三夜にピッタリの食べ物はどのようなものでしょうか?

最初にお供えしている月見団子ですが、これはいつまでもそのままにして
おくのではなく、少しの間お月様にお供えしたらすぐに下げていただくのが
良い、とされています。

別に月見団子でなくても、十三夜は「豆名月」と言われているぐらいですから、
あずき(小豆)を使ったアンコの入ったおはぎやまんじゅうもピッタリの食べ物
だと思います。

「栗名月」なのだから栗ごはんは定番として、旬のキノコごはん、あるいは
松茸ごはんなども立派な行事食ではないでしょうか。さらに、ご飯は今年
収穫された新米をいただければより完璧でしょう。

旬のさつまいも、里芋、かぼちゃなどを使った芋煮豚汁なども体が温まって
十三夜には最高ですね。

旬は何も野菜だけではなく、秋刀魚(さんま)などもピッタリも食べ物ですね。
さんまの塩焼きなどは是非押さえておきたい一品ですね。

果物は、柿、ぶどうなどが旬のものですね。

また「お月見」ということで、月見うどん月見そばなどもピッタリでは
ないでしょうか?

たまごの黄身を月に見立てて、とろろ昆布やワカメ、海苔などでススキや雲
を表現するなんていうのも粋(いき)ですし、お子さんに作ってあげてもきっと
喜ぶと思いますよ。

十三夜2018年はいつ?意味や十五夜との違いは?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です