梅雨の洗濯物対策。においの原因は?部屋干しにする時の乾かし方は?

梅雨になると、雨の日が多くなかなか外に洗濯物を干せない
ですよね。また、においなども気になります。

 

梅雨の洗濯物対策

ふだん洗濯する時に漂白剤や柔軟剤を使っていない方は
におい対策としてぜひおススメします。

私も昔、柔軟剤などは衣類の繊維を痛めるのでは?と考え、
使わないようにしていたのですが、着ているうちに微妙に
においが気になり、柔軟剤を試したところ、そのにおいが
しなくなりました。

私のように服の繊維へのダメージが気になる方は
毎回使用しなくても、時々行うだけでも効果がありますよ。

梅雨の洗濯物のにおいの原因は?

まず考えられるのが洗濯機の洗濯槽の汚れです。

洗濯槽の裏などに残った石鹸カスやゴミ屑などが、梅雨の湿気で
いつまでも乾燥せず、カビなどが生えてしまった場合、洗濯した
ばかりの服に移ってしまいますので洗濯槽の掃除をして下さい。

洗濯機の洗濯槽の掃除方法は、まだ取扱説明書をお持ちであれば
自分が使っている洗濯機の掃除方法が分かりますし、どこかへ
なくしたという場合は動画サイトなどを検索すればたくさん出ています。

次に洗濯物が乾くまでの時間です。

洗濯物の湿っている時間が長いと、洗濯槽などで付着した細菌や
空気中に漂っている細菌が服に付着して繁殖し臭いが発生します。
梅雨の時期だからこそ、できるだけ素早く洗濯物を乾燥させるように
工夫をしましょう。

梅雨の洗濯物を部屋干しする時の乾かし方は?

・扇風機をあてる。早く乾かすコツは熱より風。

・除湿機を使う。

・エアコンの除湿機能を使う。

・エアコンで部屋の温度を上げる。

・換気扇+窓を開けるなどして空気の通り道を作り、
 そこに洗濯物を干す。

・洗濯物の間隔をできるだけあけるようにする。

・お風呂場を活用する。
 お風呂場の換気扇+扇風機など。部屋が湿気ないメリットも。

まとめ

ただ部屋に干しているだけでは特に梅雨時はなかなか乾きませんし、
長時間湿ったままだと細菌が繁殖して嫌なにおいの原因になります。

また、一度においがするようになった衣類は乾いても臭いは
消えませんから、できるだけ早く乾くよう乾かし方を工夫しましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です