梅雨の季節に部屋の衣類をカビから守る対策は?

ジメジメとした梅雨の季節は衣類にカビが生えないか心配になりますよね。
何かできることはないかとお考えのあなたにおススメです。

 

梅雨の季節のお部屋のカビ対策

まずは部屋をなるべくカビの発生しない環境に近づけることが大切です。

そのためにできることとは?

・部屋の湿度を下げる。

カビは室温20℃~30℃、湿度75%以上で繁殖しやすいと言われていますので、
エアコンの除湿機能や除湿機などを使って部屋の湿度を下げましょう。

・毎日換気をする。

帰宅したした時に10分~15分換気扇を回すなど部屋を換気する習慣を生活に
取り入れましょう。その際、窓を少し開けると空気の流れが更によくなります。

梅雨の季節に衣類をカビから守る対策1

クローゼットに衣類を収納する場合は洗濯してよく乾燥させてから収納しましょう。

スポンサーリンク

乾燥が不十分な場合は言うまでもありませんが、服の襟足や袖の部分に汚れが
残っていたりすると、その部分がカビの養分になる可能性があります。衣替えで
しばらく着ない服など、不安であれば二度洗いするのもいいでしょう。

カビは空気のよどんでいる場所を好みますので、時々クローゼットを開けて
扇風機などで奥まで風を送るのも効果的です。角度を変えてみるなどして、
空気のよどみを少なくする工夫をしましょう。

衣替えでしまっている服なども時々クローゼットから出して陰干ししましょう。
服をしまいっ放しにしないのも有効なカビ対策になります。

梅雨の季節に衣類をカビから守る対策2

収納ケースやタンスなどは密閉されたスペースのため、除湿剤や防湿剤が一定の
効果があります。逆に開けっ放しですと効果が逃げてしまいます。

陰干しするというのはクローゼットと同様ですが、ふだんは除湿剤を置いておき、
時々あけて除湿機やエアコンを向けるのも効果があります。ただしエアコンの場合
、冷風は反対に湿度をあげてしまうのでおススメしません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です