お中元やお歳暮がいらない場合の断る方法は?文例は?

自分の立場や相手との付き合いの変化
によってお中元やお歳暮がいらない
お断りしたい時ってありますよね。

でも、無下に断っても角が立ちますし
難しい問題です。

今回はお中元やお歳暮を断る方法
礼状でお断りする場合の文例などを
ご紹介します。

  

お中元やお歳暮がいらない場合は?

お中元やお歳暮はお世話になっている人
への日頃の感謝の気持ちを贈り物に
込めて贈るものですが、

・お中元やお歳暮をいただく
 理由がない

・長い間お付き合いがないのに
 いただくのは気が引ける

・公務員など立場上賄賂になる
 ので受け取れない

・会社の規定で禁止されている

このようなに受け取る側にとっては
贈られても困る場合もありますよね。

このような時はお中元やお歳暮をお断り
するのは決して失礼ではありません

とはいえ、今までやり取りをしてきた
経緯や、相手のご厚意を考えると無下に
断ることもできませんし難しい問題
ですよね。

そこでマナーをわきまえた上での
失礼にならない断り方をご紹介します。

お中元やお歳暮を断る方法は?

何度もお断りしたのに毎年送り続けて
くる、というようなどうしても受け取り
たくない相手には

配達時に受け取り拒否をする

という方法があります。これは最終
的な手段ですね。

公務員の人などで賄賂の疑いがある場合
にもこの手段は有効です。

一度受け取ってしまった後に気づいた
時はそのお中元やお歳暮を開封せず、
上から包装し直して
送り返して下さい。

ただし、その際には立場上受け取れない
ということを伝える手紙を添えるのが
マナーです。

公務員であれば法律により金品は受け
取れません、一般の会社であれば
職場のルールで贈答が禁止されています
等々です。

手紙を添えることは、無用なトラブル
を避けることにもなると思います。

お中元やお歳暮を受け取りたくないけど
送り返すと角が立ちそうという相手には

同額程度の品物を「御中元」「御歳暮」
として贈る

という方法があります。

これは本来お中元やお歳暮はお返しを
しないのがマナーなのですが、あえて
それを破ってお断りする意志を表して
いるのです。

その際のポイントはなるべくすぐに
送ることと、

「今後はどうかお気遣いのないように
願います」

という内容の手紙を添えることです。

そのことによってこちらの真意が相手に
伝わると思います。

他の断る意志を示す方法としては、

時期をずらしてお返しをする

倍返しをする

という方法などもあるようですが、
真意が伝わりづらかったり、相手に
失礼だと受け取られかねませんので
あまりおすすめはできません。

スポンサーリンク

お中元やお歳暮を断る文例は?

相手に対して角が立たずにお中元や
お歳暮をお断りする一番オーソドックス
な方法は

今回は受け取っておき、その礼状を
送る際に

「今後はどうかお気遣いのないように
願います」

という趣旨の文章を添える

というやり方です。

この一文を添えることによって

次回からお中元・お歳暮は不要ですよ

というお断りの意味になります。

礼状で次回からのお歳暮を断る文例

拝啓 師走の候、○○様におかれ
ましては、ご健勝のこととお喜び
申し上げます。

さて、この度はご丁寧にお歳暮の
品を戴きまして、誠にありがとう
ございます。

日頃はご無沙汰ばかりして
おりますのに、このような
お心遣いをいただき、
まことに恐縮しております。

どうか今後はこのようなお気遣い
はなさいませんよう
お願い申し上げます。

年末のご多忙のおりではござい
ますが、どうかお身体を大切に
お過ごし下さい。

          敬具

礼状など書いたことがないという
人もいらっしゃるかも知れません。

しかし、このようなあらたまった手紙
は定型化されているのでかえって
意外に簡単に書けてしまいますよ。

文例集などをインターネットで検索
すればよく使われる定型の文章などが
いくつも出てきますので、好みのもの
を選んで作文してみましょう。

お歳暮辞退の礼状の文例を上に挙げ
ましたが、この時のマナーとしては、

定型の時候のあいさつ

次に感謝の気持ちを示す

断る理由をあげて相手の
厚意を無にしない

どうか今後このようなお気遣い
はなさいませんよう
というような角の立たない文面
で今後お断りの一文を入れる

むすびのあいさつ

と礼状、あいさつ状の流れにそった
文面にすることが大切です。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です