お歳暮やお中元をやめたい!やめどきとやめる方法は?

―今はもう付き合いがないのにお歳暮やお中元はずっと続けている―

このような形式的な贈り物は金銭的にも時間的にも負担になりますし、
相手にも気持ちが伝わらないのでやめたいと考えるのは当然ですよね。

職場などでいつも顔を合わせている同僚や友人もお歳暮やお中元のやり取り
する意味があるのかと思う人もいるかもしれません。

今回はお歳暮やお中元をやめたい時のやめどきやめ方をご紹介します。

  

お歳暮やお中元をやめたい!

実際にはかなりのあいだ疎遠になっているけど、お歳暮やお中元のやり取り
だけは続けている、という人っていますよね。具体的には、

・昔お世話になった上司(今は違う部署などでつきあいがない)
・今はつきあいがない形式的な仲人さん
・疎遠になっている親戚

逆に近すぎていつも会っているのにお歳暮やお中元は必要?と思う人も。

・職場の同僚
・親しい友人
両親

今はもう付き合いがないという人に関しては、お歳暮やお中元を送らない
ようにするのは失礼にはなりません。

なぜならお歳暮やお中元というのは、本来

お世話になっている日頃の感謝を込めて贈る

というのが大前提になるからです。

逆に形式のみで毎年贈り続けている方が虚礼といって本当は失礼なこと
になります。

そうは言っても、これまで毎年贈ってきた経緯がありますので急に止めたら

「どうしたんだ? 何かあったのか?」

なんてことにもなりそうで、止めづらいですよね。

そこでやめどきやめ方が重要になってきます。

お歳暮やお中元のやめどきは?

形式的ないわゆる頼まれ仲人さんの場合は、お歳暮やお中元は3年でいいと
されています。

ですからそれ以降はいつやめてもマナーとしては失礼ではありません。

昔お世話になった上司や疎遠になっている親戚の方などは、形式的に贈り続けて
いるだけならすぐに中止しても問題ありません。

先ほども書いたように「虚礼」といってお歳暮やお中元の本来の趣旨とは
違っていますので、思い切ってやめてしまうのも一つの方法です。

「いつやめても問題がないことはわかったが、スグというのは気が引ける」

という人はやめる方法を次のように工夫してみるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

お歳暮やお中元をやめる方法は?

疎遠な人の場合

昔お世話になったけど今はもう付き合いがない、疎遠になっている上司や先輩、
仲人や親戚の人などで「お歳暮やお中元を贈るのをやめたい」という場合は、

段階を踏んで少しずつやめる

というのがおすすめです。

どういうことかと言うと、初めにお中元だけをやめてお歳暮だけを贈るように
します。

それは失礼じゃないか?と感じる人もいるかも知れませんが、
元々お歳暮とお中元はセットではありませんので、特に疎遠な人とは年に一度の
あいさつに留めておくのは失礼ではありません。

ただし気をつれなければならないのは、お中元よりお歳暮の方が格上ですので
お中元だけ贈ってお歳暮を贈らないのは不自然になります。

必ず一つにするならお歳暮だけを贈るようにしましょう。

関連記事

お中元とお歳暮の違いは?意味や由来は?どちらか片方だけじゃダメ?

次にお歳暮の金額も翌年から失礼のない範囲で下げるようにします。

そして最後には品物を贈るのをやめて年末のあいさつとしてのお礼状を送る
ようにします。

できればお礼状には感謝の気持ちや近況を伝えれば、形式的な品物よりも
喜ばれるかもしれませんね。

近すぎる人の場合

職場の同僚や友人、両親といったしょっちゅう顔を合わせている人たちには、

「出費がかさむだけだし、お歳暮やお中元をするのは止めよう」

と提案するなどして直接話し合いましょう。

会社では虚礼廃止の風潮が高まっていますし、普段から誕生日やイベントで
品物を贈ったりしている場合は尚のこと削れるものは削りましょう。

両親も直接会った時に話し合うのが一番です。

ただお歳暮とお中元を贈るのがメインのイベントになってしまっている
ような場合は難しいかもしれませんね。

しかし母の日・父の日や正月・クリスマスなど他のイベントがある場合は
そちらに力を入れるとかに切り替えていってはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です