お中元やお歳暮の時期を逃してしまった!どうすれば?喪中の場合は?

お中元やお歳暮の時期を逃してしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

今年はあきらめて来年にする?いえいえ、ちゃんと方法があります。

また、相手または自分が喪中の時はどうすればいいのか?

喪中にお中元やお歳暮を贈るのは失礼にあたるのかもあわせてご紹介します。

  

お中元やお歳暮の時期を逃してしまった!どうすれば?

お中元やお歳暮は毎年夏と年末に贈るというイメージですが、それぞれちゃんと
贈る時期が決まっています。

お中元7月上旬から7月15日お歳暮12月上旬から12月20日ごろまでです。

ただしこれは日本全国の一般的な時期で、地域によって多少の違いがあります。

よく例にあげられるのは関西圏で、旧盆の兼ね合いからお中元の時期は
7月下旬から8月15日までとなっています。

あとこの時期ですが、自分が送る日ではなく相手が受け取る日になりますので
間違いのないように早めに手配しましょう。

この時期をきちんと把握した上で、お世話になった感謝の気持ちを込めて贈ると
いうのが基本ですが、もし時期が過ぎてしまっていた場合でもちゃんと贈る方法
がありますので安心してくださいね。

時期が過ぎてしまったお中元やお歳暮を贈る方法は?

それは表書きを変えるという方法です。

表書きというのはお中元やお歳暮の箱などの表につけるお熨斗(のし)紙に書く
文字のことです。

いつ贈るかによって書く文字(言葉)も次のように変わるので注意が必要です。

表書きの文字(言葉)

7月上旬~7月15日⇒⇒⇒⇒⇒御中元
7月16日~8月7か8日(立秋)⇒暑中御見舞
8月7か8日(立秋)以降~⇒⇒残暑御見舞

12月上旬~12月20日ごろ⇒御歳暮
年明け~1月7日(松の内)⇒御年賀
1月7日(松の内)以降~⇒⇒寒中御見舞

このように表書きを変えて贈れば問題はありません。

もちろん贈り物の内容は変える必要はありません。お中元やお歳暮で贈る予定
のものでOKです。

補足

8月7か8日とあるのは立秋がその年によってどちらかに変わるためです。
です。
立秋 2017年とかで検索すればその年が7日なのか8日なのかわかりますよ。

また、お歳暮の時期が過ぎてしまった場合に次に贈るのが年明けになっている
のは忙しい年末を避けるという意味があります。

お歳暮が12月20日ごろとなっているのも年末の慌しい時期になる前という意味が
あります。

スポンサーリンク

お中元やお歳暮で相手や自分が喪中の場合は?

お中元やお歳暮を喪中に贈ってもいいのかどうかも気になる問題です。

これに関してはお中元やお歳暮はお祝い事ではなく、一年を通じてお世話に
なったことへの感謝の気持ちを込めて贈るものなので、相手方か自分の方の
どちらかが喪中だったとしても何の失礼にもあたりません。

ただし、喪中であっても忌明け前であれば時期をずらして四十九日が過ぎて
から贈ることができれば、ひとつ上のマナーになります。

その時は、お中元やお歳暮の時期が過ぎていれば暑中見舞や寒中見舞として
贈ればいいと思います。

距離の近い相手であれば事前に訪問し、遠い相手であれば手紙を送る、
親しい相手であれば電話などをかけ、品物を贈る連絡とともにお悔やみの
言葉を伝えれば、より気遣いが相手に伝わるのではないでしょうか。

また気配りとして、お熨斗(のし)や紅白の水引などが印刷された包装紙は
使わずに御礼とだけ書いたシンプルなものを用意すると気遣いができていて
とてもよいと思いますよ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です