梅雨どきに濡れた靴を早く乾かす方法

梅雨の時期に靴が中々乾かずに困った経験をしたことはありませんか?

 

新聞紙を使う

昔からの定番はくしゃくしゃに丸めた新聞紙をいくつか作って靴の中に入れて
乾かす方法です。私も何度か試したことがありますが、1、2時間ぐらいで
こまめに取替えると更に早く乾きます。

扇風機などで風を送る

風通しのいい場所に干せるのなら問題ありませんが、それが難しいのであれば、
部屋に吊るして扇風機やドライヤーなどで風を送るのが効果的です。

洗濯物が早く乾くかどうかの一番の条件は日の光ではなく、風があるかどうか
というのと同じ理屈です。

ただし、ドライヤーで熱風を送るのはやめましょう。これも経験があるのです
が、知らない間に靴が変形していたり、ビニール製のスポーツシューズなどは
下手をすればすぐに溶けて穴があいてしまったりします。
ドライヤーを使う時は送風にしましょう。

布団乾燥機を使う

自宅にもし布団乾燥機があれば「小物乾燥機能」のようなものがついていないか
一度確認してみて下さい。靴もそれで十分対応できると思います。

布団乾燥機は布団だけを乾燥するものだと考えて意外と見落としているかも
知れません。

まとめ

梅雨時は雨が多く湿度が高い日も多いので、濡れた靴を干しておいたが乾く
暇もなく別の靴も濡らしてしまった・・・などということが往々にして
あります。

濡れたお気に入りの靴を明日履いて行きたい・・・という緊急の場合のために、
濡れた靴を早く乾かす方法をぜひ活用してください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です