お中元とお歳暮の違いは?意味や由来は?どちらか片方だけじゃダメ?

お中元とお歳暮の季節が来ると

「誰と誰に贈ろうか?」
「予算はいくらぐらいがいい?」
「今年は何を贈ろうか?」

なんて毎回悩んでしまいます。

そもそも1年間に二度も似たような
贈り物をするのはなぜでしょうか?

何か違いや、深い意味があるので
しょうか?

お中元とお歳暮のどちらか片方だけする
というのは失礼にあたるのでしょうか?

ということで調べてみました。

スポンサーリンク
  

お中元とお歳暮の違いは?

お中元とお歳暮の大きな違いは、当然ですが贈るタイミング、つまり時期の
違い
ですね。

お中元は7月上旬から7月15日まで、お歳暮は12月上旬から12月20日ごろまでに
贈ります。

ちなみに、この時期は地域によっても差があります。関西ではお中元は旧盆に
行なうことが多いため、7月下旬から8月15日に贈る習慣があります。

また時期が夏と冬になるため、これもまた当然ですが贈る品物が変わってくる
場合があります。

石鹸や珈琲などの詰め合わせや、ハム、洋菓子、和菓子などの季節を問わない
鉄板の品もありますが、季節の果物や魚介類、ビール、ジュースの詰め合わせ
、塩鮭など季節に合わせた贈り物をすることも多いですよね。

では、それぞれの意味や由来に違いが隠されていないか見てみましょう。

スポンサーリンク

お中元とお歳暮の意味や由来は?

お中元の意味や由来は?

古代中国には道教という信仰があり、一年に3日、天神を盛大にまつる習慣が
ありました。この日をそれぞれ

1月15日は上元
7月15日は中元
10月15日は下元

といいますが、このうちの中元が仏教のお盆の行事の日と重なったため、
日本に伝わる時に一緒になりました。

その結果、お中元として仏様へのお供え物を親族や近所の親しい人へと贈る習慣
が広まり、現代のような形になっていきました。

お歳暮の意味や由来は?

お歳暮とは歳暮の礼の略で、日本で古くから行なわれていた行事に由来
します。

陰陽道の福の神である歳神(としがみ)をまつり、新年に祖先の霊を迎えるため
に必要な食べ物を親元などへ持ち寄る行事が起源になっています。

現在では親元だけでなく、一年を通してお世話になった人や友人に贈るように
なり、食べ物を持ち寄った昔の記憶は薄れ、今では色々な贈り物がされるように
なりました。

意味や由来のまとめ

お中元とお歳暮のどちらも神様をおまつりする行事にルーツを持つことは
わかりましたが、違いについてはイマイチピンと来ませんね。

特に現在に至ってはその違いはますますなくなっているように感じます。

他にも色々調べてみましたが、時期やそれにともなって贈る品が変わる程度で
これといった違いはありませんでした。

ただ、今現在の傾向として、お中元よりお歳暮の方が平均して金額の高いもの
贈るようです。

年末という時期や由来から考えても、一年を通しての感謝を込めた品という
ことでお歳暮の方の格が高いということはあるようです。

お中元とお歳暮のどちらか片方だけじゃダメ?

意味や由来からもわかる通り、お中元とお歳暮は別々の行事ですので、お中元を
したらお歳暮も両方ともしないといけないとかいうことはありません。

あくまでも感謝の気持ちを示すものですので、ひんぱんにお世話になっている人
ならどちらも贈り、年に一度でいいかなと思う相手には一度でも全く失礼には
あたりません。

ただしその場合はお歳暮の方が格上になりますので、お中元ではなく1年分の
感謝を込めてお歳暮の方を贈るのがマナー
になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です