インフルエンザ予防接種の時期や効果の期間は?赤ちゃんや子供の場合は?

インフルエンザの予防接種はいつ受けるのがベストなのか?

子供や赤ちゃんがいるママやパパには気になる方も多いのではないでしょうか。

今回はインフルエンザのワクチン接種の時期や効果がどのくらいもつのかなど
についてご紹介します。

  

インフルエンザの予防接種を受けるベストの時期はいつごろ?

インフルエンザの予防接種は、多くの病院などで毎年10月初め頃に開始されます
が、早ければ早いほど良いかというと一概にそうとも限りません。

インフルエンザの流行は毎年12月から翌年の3月までに起こります。

ですので、ワクチンの接種は12月までに済ませておくのが望ましいです。

ただし、もし12月に入ってワクチン接種が出来ていなくても近くでまだ
インフルエンザが流行していなければ、予防接種をおすすめします。

なぜ12月までにインフルエンザの予防接種を受けるのがベストなのかを次の章で
具体的にご説明します。

インフルエンザ予防接種の免疫効果ってどのくらいの期間持続する?

日本ではインフルエンザは毎年12月から3月にかけて流行します。

中でも1月と2月は学級閉鎖などでニュースになるほど流行がピークに達します。

インフルエンザの予防接種というのは、ワクチンを接種することによって体内に
抗体をいっぱい作ってインフルエンザを予防する事はもちろん、もしかかった
としても重症化するのを防ぐという効果があります。

ワクチンの接種をして2週間後ぐらいから抗体の数が増え始め、1カ月でピークに
なります。そして3~4カ月後には徐々に減少して行き、6カ月後には免疫効果が
ほぼ見られなくなります。

ですから、インフルエンザの流行がピークに達する1月と2月に予防接種の効果が
一番発揮されるように逆算して考えれば、ベストの時期は11月中ということに
なります。

個人的には11月中旬から下旬ごろがおすすめです。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種について赤ちゃんや子供の場合は?

13歳以上の人はインフルエンザの予防接種は1回でいいのですが、
13歳未満の子供や赤ちゃんはワクチンの接種を2回行なう必要があります。

理由は子供や赤ちゃんは免疫力が低いために2回接種することによって
より効果を高めるためです。

1回目と2回目の間隔は昔は1~4週間とされていましたが、今は2~4週間
されています。

また、より効果を高めるには3~4週間の間隔がベストとされています。

ちなみ回数はに年齢によって以下のように決められています。

6ヶ月以上3歳未満:1回0.25mlで2回接種
3歳以上13歳未満 :1回0.5mlで2回接種
13歳以上 :1回0.5mlで1回接種

ただし、9歳以上の子供や、近年にインフルエンザにかかった子、あるいは
毎年ワクチン接種をしている方は1回接種でも良いとされていますし、
2回接種が無理だとしても1回だけでも接種した方が良いという専門家もいます。

ちなみに2回接種の場合の予防接種を受けるベストな時期は、先ほどの逆算する
方法から考えたおすすめは

1回目→10月下旬または11月初め
2回目→11月下旬

になります。

2回接種で2~4週間の間隔をあける必要があるためこのようになります。

最後に

赤ちゃんや子供のインフルエンザの予防接種について。

病気やアレルギーその他の問題もありますので、かかりつけの小児科医などが
ある場合は接種の時期を含めて確認されることをおすすめします。

関連記事

インフルエンザ予防接種の効果は?赤ちゃんや子供の場合は?副作用は大丈夫?

インフルエンザ予防接種の値段の相場は?子供は?料金に違いがあるのはなぜ?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です