ハロウィンの由来や仮装やかぼちゃなどを子供向けにわかりやすく説明します。

10月31日はハロウィンですね。

子供とハロウィンについて話す機会があるかもしれませんが、

「ハロウィンってなぁに?」

「何でみんな変なカッコウしてるの?」

「あのかぼちゃのオバケはなぁに?」

なんて聞かれたらどう説明したらいいか困ってしまいますよね。

ですので、その辺りを噛み砕いた説明文にしてみました。

  

ハロウィンの由来を子供向けにわかりやすく説明します

ハロウィンはキリスト教のお祭りではありません。

キリストよりもずっと昔にヨーロッパにケルト人という人々が住んでいました。

ハロウィンの10月31日はケルト人にとって一年の終わり、つまり私たちでいう
大晦日(おおみそか)と同じだったのです。

この日、人々は麦や果物などの農作物がたくさん取れたことをお祝いしたり、
村や家族に病気や災害が起きないよう盛大にお祈りをしました。

この行事がヨーロッパからアメリカ、日本など世界中に広まりハロウィンは
みんなに知られるようになりました。

ハロウィンの仮装を子供向けにわかりやすく説明します

ハロウィンが大晦日と同じといいましたが、さらにケルト人にとってこの日は
お盆と同じような日でもありました。

どういうことかと言うと、一年の最後であるこの日はあの世とこの世、つまり
幽霊やおばけの住む世界と私たちの住む世界が行き来しやすくなるのです。

そのためご先祖様の霊が訪ねてくることもあれば、悪魔や魔女などの悪い霊も
一緒にやってくると信じられていたのです。

そこで人々は自分たちも悪魔や魔女と同じようなカッコウをして目立たない
ようにしたり、魔除けに仮面をつけたりして悪い霊たちから身を守りました。

ハロウィンで気持ちの悪いゾンビのメイクや魔女のカッコウをしているのは
そのためです。

スポンサーリンク

ハロウィンのかぼちゃを子供向けにわかりやすく説明します

ハロウィンのかぼちゃのおばけの本当の名前はジャック・オー・ランタン
といいます。

これはジャックの提灯(ちょうちん)という意味ですがヨーロッパの昔話が
元になっています。

ちなみに昔話では、ジャック・オー・ランタンはかぼちゃではなくカブでした。

ジャック・オー・ランタンの物語

ジャックというとてもズル賢い男がいました。

生きている間に悪魔を何度もダマしたため、

死後、天国にも地獄にも行けずにカブをくり抜いて

作ったちょうちんをぶら下げて

行くアテもなく暗い闇をさまよっています。

いつしか提灯(ランタン)にジャックの魂が宿り、

提灯だけがあの世とこの世の間をさまよい続けています。

ジャック・オー・ランタンの物語がハロウィンといっしょにアメリカに
伝えられると、カブはアメリカでより身近な食べ物であるかぼちゃに
置きかえられてみんなに広まっていきました。

ジャック・オー・ランタンは家の玄関にかけておくと
善い霊を呼び寄せて、悪い霊をはらうと伝えられています。

まとめ

いかがでしたか?

子供向けには少しムズカシイんじゃないか?

実は子供向けにわかりやすく説明するためには大人もそれ以上の知識を
入れておく必要があるためにソレ込みの文章にしてあります。

この文章をたたき台にしながら、さらにお子さんにわかりやすく
あなたオリジナルの説明をしてあげて下さいね。

関連記事

ハロウィン記事一覧

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です