文化の日とは何をする日?憲法記念日や明治天皇との関係は?雨が降らないって本当?

毎年11月3日は文化の日で祝日になっていますが、「文化の日」と言われても
何だか抽象的な感じがして何をする日かよくわかりませんよね。

文化の日とはそもそも一体どういう祝日なのか?

憲法記念日や明治天皇との意外な関係とは?

文化の日は雨が降らないって本当?

など文化の日にまつわる話についてご紹介します。

  

文化の日とは何をする日?

「文化の日」は国民の祝日に関する法律で
自由と平和を愛し、文化をすすめる日として1948年に国民の祝日と
なりました。

直接の理由は、平和と文化を尊重する日本国憲法が1946年11月3日に
公布された
ためにこの日を記念して祝日に定められました。

毎年11月3日の文化の日には、皇居において文化勲章や褒章の授与式が
行なわれたり、文化庁による芸術祭が催されます。

また、多くの美術館や博物館をはじめ、様々な文化に関わりのある施設が
無料で開放されています。

関連記事
⇒文化の日に入場料などが無料になる美術館や博物館は?イベントは?

文化の日と憲法記念日の関係は?

文化の日は日本国憲法の公布を記念して定められたのですが、

「じゃあ5月3日の憲法記念日は何なの?」

と疑問に思いませんか?

日本国憲法は1946年11月3日に公布され、翌年の1947年5月3日に
施行されました。

日本国憲法はとても重要な法律であるため、はじめに広く国民にその
内容を知らせた後に実施することとして半年の期間を置きました。

そのような経緯から

日本国憲法の公布日=11月3日→文化の日

日本国憲法の施行日=5月3日→憲法記念日

となりましたので、この二日間の祝日は兄弟のような関係とも
言えそうですね。

スポンサーリンク

文化の日と明治天皇の関係は?

現在「文化の日」である11月3日は、実は第二次世界大戦以前は
明治節という祝日でした。

明治節は昭和2年に定められた祝日ですが、明治天皇の誕生日を
記念したもので明治時代には天長節と呼ばれていました。

敗戦後のGHQの統制下にあった当時の日本では天皇誕生日を祝日に
するのは国際的に問題がありました。

そこで新憲法の公布日をあえて明治天皇の誕生日にすることで
祝日として残したのではないかと考えられています。

文化の日は雨が降らないって本当?

文化の日は雨が降らないという言い伝えがあるのはご存知ですか?

高い確率でその日に天気や気温などについて特定の気象状況が
出現することを特異日と言うのですが、

11月3日は高い確率で晴れる

という晴れの特異日だと言われています。

ちなみに他に例をあげると、

・6月28日→雨の特異日

・8月18日→猛暑の特異日

・9月17日→台風襲来の特異日

などがあります。

ただし、ここ約10年ぐらいの統計では11月3日の天候は全国的に見て
晴れと雨が同じぐらいで、特に雨が降らないとは言えないようです。

温帯地域であった日本列島が近年、地球の温暖化で亜熱帯地域に
移行していますので、特異日の状況も変わってきているのかも
知れませんね。

関連記事
⇒文化の日に入場料などが無料になる美術館や博物館は?イベントは?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です