十三夜の楽しみ方は?十五夜との違いは?行事食や食べ物は?

十五夜については聞いたことがあるけど、十三夜というのは知らない―

そのような人は結構多いのではないでしょうか?

十三夜の楽しみ方や十五夜との違い、行事食や食べ物にはどのようなものが
あるかなどをご紹介します。

  

十三夜の楽しみ方は?

日本ではお月見は十五夜(中秋の名月)と十三夜の一年に二度行なわれます。

9月中旬に行なわれる十五夜に対して十三夜は10月中旬に行なわれます。

地域によっては、片方だけしかお月見をしないのは片見月と言って
良くないとされる場合もあります。

また、十五夜と十三夜を同じ場所で見なければならないという慣習や
言い伝えもあります。

十三夜は旧暦9月13日の月という意味ですが、新暦では日にちがずれて
しまいますので、毎年同じ日になるとは限りません。

十三夜

2016年(平成28年) → 10月13日
2017年(平成29年) → 11月1日
2018年(平成30年) → 10月21日
2019年(平成31年) → 10月11日
2020年(平成32年) → 10月29日

十五夜(中秋の名月)というのは中国や韓国、東南アジアの国々などでも
中秋節などとして行なわれているのですが、十三夜というのは日本独自の
行事です。

秋の頃の満月が美しいというのは世界共通だと思うのですが、そもそも
十三夜というのは満月になる前の少し欠けた月なのです。

2016年(平成28年)の新暦で言うと、10月13日(木)が十三夜ですが、満月になる
のは3日後の10月16日(日)です。

十五夜が他の国でも月が美しいと言われているのに対して、それに負けない
ぐらいに美しい月として十三夜を大切にしてきたのは、日本人のオリジナルの
わび、さびなどに通じる感性だと考えられますね。

平安時代や鎌倉時代の有名な文筆家なども「月は少し欠けたものが趣があって
美しい」と書き残しています。

スポンサーリンク

十三夜と十五夜の違いは?

十五夜が中国の中秋節が伝わったものだとされるのに対して十三夜は日本独自
のもの
だというのが大きな違いです。延喜19年(919年)に宇多法皇が行なった
ものが始めだと言われています。

十五夜が旧暦8月15日であるのに対して十三夜は旧暦9月13日に行なわれます。

秋の七草を飾り、月見団子やお神酒(おみき)、それに秋の収穫物をお月様に
お供えしつつ月を愛でるというスタイルは変わりませんが、その内容は少し
違います。

お供えする月見団子の数は十五夜が15個に対して十三夜は13個というのが
一般的です。これはもちろん十五夜→15、十三夜→13という語呂合わせから
ですが、一年に満月は12回あるので12個(閏年だけ13個)という説もあります。

また、十五夜では古くから里芋をお供えしたことから芋名月とも呼ばれます
が、十三夜は豆や栗をお供えしたことから豆名月栗名月とも呼ばれます。

それぞれお月見する時期に収穫される農作物をお供えして豊作祈願や感謝を
あらわしたものだと考えられています。

十三夜の行事食や食べ物は?

月見団子はお月様に少しの間お供えしたらすぐに下げていただくのが良い
されています。

十三夜では秋に収穫される農作物や果物をお供えすることからも豆類や栗、
果物なども行事食と言えると思います。

餡子も豆からできているので、おはぎや饅頭を食べるのもいいかも
知れません。

お月見ということで、月見うどんや月見そばというのも楽しいですね。

まとめ

ベランダや縁側、窓辺など月を眺めることができる場所にお供え物を用意して、
お子さんやご家族でわいわい楽しむのもいいですし、一人でゆっくりお月見と
いうのも何とも贅沢な時間なので、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事
中秋の名月の楽しみ方は?お供え物や食べ物は?
中秋の名月は満月とは限らない?月見団子とうさぎの餅つき、中秋節は?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です