中秋の名月は満月とは限らない?月見団子とうさぎの餅つき、中秋節は?

中秋の名月の意味や由来から、十五夜、芋名月など中秋の名月のアレコレに
ついてご紹介します。

中秋の名月は満月とは限らない?月見団子とうさぎの餅つき、中秋節や
他の国の中秋祭についてもご紹介します。

スポンサーリンク
  

中秋の名月は満月とは限らない?

中秋の名月の意味

一年でもっとも美しい月が見られるのが、旧暦8月15日頃とされてきました。

この日を中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)と言い、日本では秋の七草や
月見だんごなどをお供えしてお月見をする習慣があります。

中秋の名月と仲秋の名月

“中秋”を“仲秋”と書く場合もありますが、厳密には仲秋とは旧暦8月全体を
あらわす言葉です。

初秋 → 旧暦7月
仲秋 → 旧暦8月
晩秋 → 旧暦9月

これに対して中秋は8月の中日である8月15日のみをあらわす言葉になりますので
こちらを使った方が間違いがないと思います。

中秋の名月はいつ?

現在のこよみでは九月の中旬から十月の初めになりますが、旧暦と新暦では
ズレが生じるため、毎年同じ日が中秋の名月になる訳ではありません。

中秋の名月

2016年(平成28年) → 9月15日
2017年(平成29年) → 10月4日
2018年(平成30年) → 9月24日
2019年(平成31年) → 9月13日
2020年(平成32年) → 10月1日

中秋の名月と十五夜

中秋の名月は『十五夜』とも呼ばれます。

これは旧暦8月15日の夜という意味ですが、ややこしいことに満月の日
のことも十五夜と言います
。満月の日は一年に12回、閏年(うるうどし)には
13回あります。

旧暦8月15日 → 十五夜
満月の日   → 十五夜

そして更にややこしいことに中秋の名月(旧暦8月15日)は

必ずしも満月とは限らない

のです。

ピッタリ一致することもあれば、最大2日間ずれることもあります。

先に書いたように2016年は分かりやすく9月15日(木)が中秋の名月ですが、
満月になるのは9月17日(土)です!

「こんな場合はどちらでお月見すればいいの~!?」

と悲鳴が聞こえてきそうですが、まぁいいじゃないですか。
二度の十五夜、どちらの月を愛でるのも良し、都合のいい日に合わせるのも
良し・・・ということで。

スポンサーリンク

中秋の名月と月見団子とうさぎの餅つき

中秋の名月の由来

中秋の名月の由来については諸説あり正確なところはわかっていません。

中国では昔から望月(もちづき)という月を見る催しがあったとされていて、
それが唐の時代に中秋節という行事になり、奈良時代に日本に入ってきた
とされています。

また、平安時代に遣唐使によってもたらされたという説もあります。

いずれにしても、平安時代ごろには貴族たちによって宮中の行事として
月を見ながら和歌を詠んだり食事をするなどの宴会が催されていました。

中秋の名月と芋名月

一方庶民の間では、お月見の行事が行なわれる以前から旧暦8月15日ごろに
里芋を食べる習慣がありました。

里芋の収穫祭は日本だけでなく東アジア地域で広く行なわれていることから、
お米が普及する以前の里芋が主食であった大昔からの習慣ではないかとも
考えられています。

その後、稲の豊作を祈願する祭りへと変わり、この時期収穫される芋類を
お供えしたことから中秋の名月を芋名月とも呼びます。

中秋の名月と月見団子

宮中の行事であったお月見が庶民に広まったのは江戸時代のことです。

江戸時代の前半は中秋の名月というと芋煮を食べてお月見をするか、
夜遊びをするという感じでした。

江戸時代の後半になると小さな机で祭壇を作って関東では月に見立てた丸型、
関西では里芋の形をした月見団子をお供えするようになりました。

中秋の名月とうさぎの餅つき

よく月の模様を見て「うさぎが餅つきをしているようだ」という話が
ありますが、うさぎが餅つきをしている月にお餅ではなくお団子を供えると
いうのも何だか変な話ですよね。

実際には中秋の名月の日は、お米は早いところで収穫直後かまだ収穫されて
いない地域が多いぐらいの頃ですので、それを使ってお餅をつくというのは
難しいことでした。

ですから江戸時代には簡単に調理ができて保存もきく米粉を使ってお団子を
作り、お供えするようになりました。

ちなみに、月の模様をうさぎの餅つきと見ているのは日本と韓国ぐらいで、
中国ではうさぎまでは同じですが、作っているのはお餅ではなく薬草を
使った不老長寿の薬なんだとか。漢方薬からの発想なんでしょうか?

その他、世界中で月の模様は地域によって見方が違うようです。
カエル、カニの手、女性等々・・・。

中秋の名月と中秋節は?

中秋の名月と中秋節

中国、シンガポールやタイなどの東南アジアでも日本の中秋の名月にあたる
中秋祭が行なわれています。

提灯などを使った派手な飾りつけがされ、ご馳走を食べてお祝いをします。
月餅(げっぺい)というお菓子を近所に配ったり食べたりします。

どの国も日本よりは派手な感じですが、特に中国では中秋節という祝日に
なっていて、月餅や瓜、季節の果物や鶏頭(ケイトウ)の花をお供えして
月を祭る行事が行なわれます。

関連記事
中秋の名月の楽しみ方は?お供え物や食べ物は?
十三夜の楽しみ方は?十五夜との違いは?行事食や食べ物は?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です