重陽の節句の意味は?くんちとの関係は?行事食や食べ物は?

重陽の節句は最近ではあまり聞き慣れない言葉になりましたが、
一体どのようなものなのでしょうか。

重陽の節句と“くんち”との関係は?

また重陽の節句での行事食や食べ物についてもご紹介します。

スポンサーリンク
  

重陽の節句の意味は?

重陽の節句は3月3日の桃の節句や5月5日の端午の節句と並んで、昔の暦では
一年のうちで重要な節目である五節句の一つに数えられています。

五節句

1年には5つの節句があり、それぞれの節句にはシンボルとなる植物が
あります。

・1月7日 人日(じんじつ)の節句・・・春の七草

・3月3日 上巳(じょうみ)の節句・・・桃

・5月5日 端午(たんご)の節句・・・菖蒲

・7月7日 七夕(しちせき)の節句・・・竹

・9月9日 重陽(ちょうよう)の節句・・・菊

重陽の節句の起源は中国になります。

中国では古くから奇数が縁起のよい“陽の数”とされてきました。

奇数の最も大きい数である“9”が重なる9月9日は特に重要視され、
ぐみの実を袋に入れて小高い山に登ったり、菊の香りを移した菊酒を飲んで
不老長寿や無病息災を願いました。

この習慣が日本に伝わって、平安時代には「重陽の節会(ちょうようのせちえ)」
という宮中行事になり、江戸時代には五節句の一つとして幕府の祝日にも
なりました。

後に庶民にも広まり、秋の収穫の時期と重なることから旧暦の9月9日には
収穫祭なども行なわれるようになりました。

現在でも、宮中での菊花宴をはじめ全国で菊花展や収穫祭という形では
名残がありますが、明治時代以降に旧暦から新暦へ暦が変わったことによって
菊の時期とずれてしまったことなどもあるせいか、他の節句と比べてあまり
話題にならなくなりました。

重陽の節句とくんちとの関係は?

九州地方にはくんちと呼ばれる祭りがあります。

「長崎くんち」「唐津くんち」「博多おくんち」は中でも有名で毎年盛大に
行なわれますが、その他にもたくさんの“くんち”があります。

長崎くんちから始まり、各地で行なわれるようになったと言われています。

くんちの語源は、

お宮の祭り日を意味する「宮日(くにち)」とする説

収穫した作物を神に供える日をあらわす「供日(くにち)」とする説

など様々ですが、

旧暦9月9日の重陽の節句に祭りが行なわれたことから「九日(くにち)」が
訛ったとする説が有力とされています。

スポンサーリンク

重陽の節句の行事食や食べ物は?

行事食というのは、伝統行事やお祭りの時に不老長寿や無病息災を願って
いただく食べ物のことですが、桃の節句ではちらし寿司、端午の節句では
柏餅などが有名な行事食です。

菊酒

行事食として重陽の節句では菊酒を飲むとよいとされています。

最近では日本酒のおちょこなどに菊の花びらを浮かべて飲むという場合が
多いようです。

また、梅酒の要領で菊の花を焼酎に漬け込んで菊酒にすることもあります。

本来の菊酒は野生の菊で甘みがあると言われる「甘菊」を使用します。

甘菊を煎じて薬効成分を抽出し、麹と米に混ぜてお酒を造ります。

特に疲労回復や目の健康によいとされています。

漢方薬としても用いられ、解熱・解毒・鎮痛・消炎・血圧降下の作用が
あるとされています。

他に食用菊をつかった料理として、煮浸しや漬物などもあります。

栗ごはん

旧暦9月9日頃は栗の収穫時期とも重なり、庶民の間では「栗の節句」とも
呼ばれ、栗ごはんを食べて重陽の節句を祝っていました。

なす

「お九日(くんち)に茄子(なす)を食べると中風(ちゅうぶ)にならない」
と言い伝える地域もあり、焼きなすやなすの煮浸しなどのなすを使った
料理を食べると病気にならずに長生きできると言われています。

落雁

これはあまり聞きませんが、端午の節句に柏餅があるように、特に
菊の花をかたどった和菓子をいただくのはピッタリでいいと思います。

まとめ

重陽の節句は他の節句に比べて現在の私たちには馴染みの薄いものに
なってしまいましたが、これを機会に生活に取り入れてみるのも良い
かもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です