敬老の日のプレゼントを手作りで!子どもも幼児もできる簡単アイデア!

敬老の日のプレゼントは高価な商品を買って渡すよりも、お孫さんが作った
心のこもった手作りプレゼントの方がおじいちゃんやおばあちゃんに
何倍も喜ばれます。

子どもでも幼児でも出来る簡単アイデアをご紹介します!

世界に一つしかないオリジナルプレゼントを作りましょう。

  

手紙

ある程度お子さんが大きくなっていて字が書けるのであれば、この機会に
日頃のおじいちゃん、おばあちゃんへの感謝の気持ちを手紙にして伝えるのも
いいですね。

お子さんが何を書けばいいのか迷うようであれば、おじいちゃん、おばあちゃん
との思い出などを話し合ってみたりしてお父さん、お母さんが助け舟を出して
あげましょう。

手紙と一緒にお花などを添えて渡すのもいいと思いますよ。

メッセージカード

どのような形でもいいのですが、例えば画用紙などを二つ折りにして、片側に
メッセージを書いて、もう片側にはお子さんの写真やおじいちゃん、
おばあちゃんの似顔絵を貼りつけます。

メッセージは、

“おじいちゃん、おばあちゃんいつもありがとう。いつまでも元気でいてね”

というような感じです。

字を書くのが難しいお子さんの場合は似顔絵を子どもに描いてもらい、字は
お父さん、お母さんが書いてあげましょう。

似顔絵+α

子どもは絵を描くことは興味を持ってやってくれることが多いので、
おじいちゃん、おばあちゃんの似顔絵を描いてプレゼントするのはある種
敬老の日の定番でしょうか。

1歳、2歳、3歳のお子さんなどで似顔絵を描くのも難しいという場合は、
例えば顔を描く時はお母さんが輪郭を描いてあげて色塗りはお子さんに任せて
自由に描いてもらうとかはいかがでしょうか?

“おじいちゃん、おばあちゃんありがとう”

と言葉を添えるのも、子どもが無理な場合はやはりパパ、ママの出番ですね。

また、出来上がった似顔絵をそのまま渡すのではなく、額に入れるのはいかが
でしょうか。

当たり前ですが、何だかやけに立派に見えますよ。

額縁は高価なものでなくていいです。重要なのは演出です。

額縁は文具、画材屋さんはもちろん300円均一の店などに置いてあることも。

スポンサーリンク

手形

緑の絵の具でお子さんの手形を取り、それを茎に見立てて折り紙などを使って
花を飾るというものです。

手を広げるのが難しいお子さんには足型を取るという奥の手(←?)も。

フォトフレーム

百円均一に売っているフォトフレーム(写真立て)などを利用してお子さんの
写真を貼ったものをプレゼント。

お子さんと一緒にフェルトや毛糸、折り紙などを使ってフレームに飾り付けを
して、オリジナル写真立てを作ってみてはいかがでしょうか。

最近は飾り付けの素材なども百均ショップで色々揃いますよ。

おじいちゃん、おばあちゃんが喜ぶような孫の写真がたくさんある場合は
アルバムにしてプレゼントしてもいいですね。

小物入れ

ペン立て、メガネ(老眼鏡)立てなどの小物入れをプレゼントするのはいかが
でしょうか。

これも百円均一の店などで手に入る無地の小物入れに折り紙やフェルトなどを
使ってデコレーションしてオリジナルのものにしましょう。

手作りうちわキット

手作りできるうちわセットというのが売っています。

例えば表面にお子さんの写真、裏に手形や“ありがとう”の言葉や似顔絵など
お好みにアレンジすることができますよ。

お絵かきペンカップ

イラストを書けるマグカップというものもあります。

お子さんに絵や文字を描いてもらうとオリジナルマグカップの出来上がりです!

まとめ

敬老の日にはご紹介したアイデアや、その他色々なお孫さんからの手作り
プレゼントを用意すれば、おじいちゃん、おばあちゃんはきっと喜んでくれる
と思います。

プレゼントはお孫さんから手渡しすると思いますが、その際に“ありがとう”
“元気でいてね”などが言えれば最高ですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です