台風とタイフーンの違いは?ハリーケーンとサイクロンは?嵐や竜巻は?

台風と似たような言葉でタイフーンというのがありますが、違いはあるので
しょうか?

また、台風とハリケーンやサイクロンでは何が違うのでしょうか?

他に嵐や竜巻などの紛らわしいものについてもまとめて解説します。

スポンサーリンク


  

台風とタイフーンの違いは?

台風とは北太平洋南西部で発生した熱帯低気圧のうち、最大風速が毎秒17.2
メートル(17.2m/s)以上に発達した暴風雨のことを言います。

風速が毎秒17.2メートル未満のものは単に熱帯低気圧と呼びます。

北太平洋南西部とは、インドネシアやフィリピン、南シナ海などの地域の
ことです。

台風と英語のタイフーン(typhoon)は発音が似ていることもあり、日本語の
台風が英語に取り入れられたという説がありますが、これは間違いです。

日本で台風という言葉が使われ出したのは明治末期頃のことで、それ以前から
使われていた英語のタイフーンを訳して台風(当時は颱風)という言葉ができた
とされています。

それまで日本では台風をあらわす言葉として野分(のわき)とか颶風(ぐふう)
という言葉が使われていました。

ですから、台風とタイフーンは英語と日本語の違いで、ほとんど同じものを
指しています。

気をつけなければならない違いは、タイフーンは世界気象機関(WMO)で国際的
な定義がされていて、最大風速が33m/s以上のものを指すということですから、
台風の中でも大型のものということになります。

最大風速が33m/s未満のものはトロピカルストームと言ったりします。

台風とハリケーンやサイクロンとの違いは?

同じ熱帯低気圧なのですが、おもに発生場所によって名前が変わります。

ハリケーンは北大西洋西部のカリブ海やメキシコ湾で発生する熱帯低気圧の
ことを言い、世界気象機関(WMO)では東経180°以東の更に広い範囲で発生
した最大風速33m/s以上のものと定義しています。

サイクロンはインド洋で発生した熱帯低気圧が発達し、最大風速が17m/s以上
のものを言います。

スポンサーリンク

台風と嵐の違いは?

台風には気象用語として明確な定義があり、北太平洋南西部、厳密には
赤道以北、東経180°以西100°以東で発生した熱帯低気圧の中で中心付近の
最大風速が17.2m/s(34ノット、風力8)以上に発達したものを言います。

これに対して嵐という言葉には明確な定義がなく、荒れた天候を総称的に
あらわす言葉として使われます。

嵐の中でも特に大規模なものを台風と呼んだりします。

嵐は元々は強い風・暴風を指す言葉でしたが、現在では雨や雷を伴う場合
にも使われ、暴風雨とほとんど同じ意味として用いられます。

嵐を英語ではストーム(storm)と言います。

ちなみに、日本付近を発達して通過する春から初夏の暴風をメイストーム
と言いますが、これは和製英語になります。

台風と竜巻の違いは?

竜巻は発生過程も規模も台風とは全く異なった自然現象です。

台風が熱帯地域の海上で積乱雲が集まって発達して大規模に形成される
のに対して、竜巻は地域に関係なく積乱雲の下部から発達する狭い範囲の
(直径10m~100mくらい)強い渦巻きです。

陸上では砂塵を伴い、海上では水柱を伴い移動します。

日本の竜巻に相当するのがトルネードです。

トルネードは北アメリカ大陸の主に中南部に発生しますが、日本の竜巻に
比べて規模の大きいものが多いです。

関連記事
台風の意味や定義は?由来と語源は?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です