台風の意味や定義は?由来と語源は?

台風の意味や定義についてご紹介します。

「台風と熱帯低気圧は何が違うのか?」

「台風に明確な定義はあるのか?」

また、台風の由来や語源についてもご紹介します。

  

台風の意味や定義は?

台風は北太平洋南西部で発生した熱帯低気圧のうち、最大風速が毎秒17.2
メートル以上に発達したもの
を言います。

強い雨や風を伴い、北上して日本や東アジアを襲って毎年大きな被害を
与えます。

気象用語として明確な定義があり、北太平洋南西部(インドネシアや
フィリピン、南シナ海など)、厳密には赤道以北、東経180度以西100度以東
で発生した熱帯低気圧の中で中心付近の最大風速が17.2m/s(34ノット、
風力8)以上に発達したものを指します。

風速が毎秒17.2メートル未満のものは単に熱帯低気圧と言います。

スポンサーリンク

台風の由来は?

台風のことを昔から日本では野分(のわき、又はのわけ)と呼んでいて、
有名な『源氏物語』の中にも野分という言葉が使われています。

江戸時代の書物には中国にならって「颶風(ぐふう)」という表現がされて
いるものがあります。

明治時代には英語の「タイフーン」や「大風」などが一般的でした。

気象用語としては「颶風(ぐふう)」と呼ばれていましたが、これは
風速32.7m/s以上の強風を指していて現在の台風の定義とは少し違っていた
ようです。現在はこの言葉は使用されていません。

明治末期に当時の中央気象台長であった岡田武松という人が気象用語として
「颱風(たいふう)」を使い、それが一般に広まったとされています。

英語の“typhoon”を「颱風」と訳したとされています。

その後、1946年に当用漢字が制定されると「颱」の字は「台」で代用され
現在の「台風」となりました。

台風の語源は?

台風の由来でも英語の“typhoon”が出てきましたが、この言葉の語源も
含めて諸説あり、正確なことはわかっていません。有力な?いくつかの説を
挙げてみます。

1.中国語説

中国で激しい風のことを「大風(タイフーン)」と呼んでいて、大航海時代に
船でアジアへやって来たイギリス人が初めて遭遇した台風に対して現地の
言葉を聞いて英語で表記し“typhoon”という言葉が生まれた。

後にそれが中国や台湾に逆輸入され、「颱風」という漢字を当てはめた。

2.アラビア語説

アラビア語で嵐を意味する「tufan」が「typhoon」に変化し「颱風」という
漢字が当てはめられた。

3.ギリシャ語説

ギリシャ神話の風の神々の父「typhon(テュフォン)」が「typhoon」に変化し、
後に中国に伝わって「颱風」となった。

ギリシャ語がアラブの商人などを通じて次第に変化し、中国に伝わった。
さらに中国語として日本にも伝わった。

関連記事
台風とタイフーンの違いは?ハリーケーンとサイクロンは?嵐や竜巻は?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です