お彼岸に結婚式をするのは非常識?縁起が悪い?招待状や挨拶は?

お彼岸に結婚式をするのは果たして非常識なのでしょうか?

結婚式場の予約の段階で他の日は予約で埋まっていたり、様々な日程の関係で
お彼岸の日と被ってしまった場合、変更しなければいけないのでしょうか?

法事などを行なう日に結婚式をするのは縁起が悪いと人に言われれば確かに
そのような気もしてきますよね。

本当のところはどうなのでしょうか?

他にお彼岸に結婚式の招待状を出すのはどうなのか、結婚の挨拶に伺うのは?
などの結婚とお彼岸にまつわる疑問についてもお答えします。

お彼岸に結婚式をするのは非常識?縁起が悪い?

結論から言うと、お彼岸に結婚式をするのは非常識でもありませんし、
縁起が悪いということもありません。

人間の住む世界を「此岸(しがん)」というのに対し、仏様の住む世界のことを
「彼岸(ひがん)」といいます。

お彼岸の間は両方の世界が行き来しやすいとされていて、家の仏壇をきれいに
したり、お墓参りに出掛けたりします。

お彼岸だからお祝い事がいけないという決まりはなく、結婚式に関しても
お寺でも神社でもむしろ良い日だと考えられているくらいなのです。

ではなぜ非常識とか縁起が悪いとかいう話が出てくるのかというと、

お彼岸にはお墓参りに出掛けたり、菩提寺の法要があったりしますので、
結婚式と重なってしまうと具合が悪いという人が出てくる可能性が高いので
なるべく避けた方がよいとされているからです。

お彼岸は3月と9月に年二回ありますが、お盆の8月と3月、9月の彼岸月は
「お祝い事は控えろ」という地域もあります。

これは一ヶ月の間にお盆やお彼岸の仏事もあり、結婚式もありでは忙し過ぎて
困るという理由から来ています。

このようなことから、お彼岸に結婚式をすることを「非常識」と考えている方
もいらっしゃいますし、よくないと考えている地域もあります。

しかし、実際問題として関係者全ての人の都合を尊重するのは不可能ですし、
お彼岸の結婚式はダメだというちゃんとした決まりはないのです。

確かに避けられるものならば避けた方が無難ですが、日程的にその日しかない
とか、他の日にするなら余分にお金がかかってしまうという場合は無理に
変更する必要はないと思います。

ただし、その場合は必ず招待状などで

「お彼岸と重なってしまい申し訳なく思います。」

などとお詫びを述べると共に、その日を選んだ理由やずらせなかった事情を
あらかじめ伝えておきましょう。

そうすれば相手にもお彼岸ということはわかっているけれども事情があって
その日になったということが伝わり、非常識だと思われることはありません。

スポンサーリンク

お彼岸に結婚式の招待状を出すのは?

お彼岸に結婚式の招待状を送付するのもダメということはありません。

先ほども書かせていただいたように、お彼岸はお墓参りや彼岸法要を行なう日
であって「喪中」とは違いますので気にする必要はないと思います。

日にちに相当余裕があるのであればお彼岸を過ぎてから発送するのも良い
と思いますが、そうでなければ先方へ一日も早く知らせてあげるべきでは
ないでしょうか。

ちなみに、縁起を担いで「大安」の日に発送するということはあります。

もちろんこれも絶対しなければならないものではありませんが、この場合は
招待状の消印が確実に大安の日になるようにポスト投函ではなく郵便局などに
直接持ち込んだりします。

お彼岸に結婚の挨拶に伺うのは?

お彼岸に結婚の挨拶に伺うのもダメという決まりはありませんが、
相手のご両親の意向を確認することが必要です。

地域によってはお彼岸にお祝い事は避けた方がよいとされているところも
ありますし、その逆の考えのところもあります。

また、相手のご両親がそのように考えておられる可能性もあります。

しっかりと確認をとり、相手のご両親にも都合がいい日なので是非という
ことであれば何の問題もありません。

まとめ

お彼岸に結婚式をするのは非常識でもありませんし、縁起が悪いということも
全くありません。

しかしお墓参りや彼岸法要などと重なってしまい、出席者を悩ませてしまう
恐れはありますので、可能であるならお彼岸の時期は避けるのが無難です。

避けるのが難しい、その日しか空いていない、追加で費用が発生してしまう
という場合は無理に変更する必要はありませんが、非常識だという誤解を
避けるためにも事前に招待状等でお詫びと事情を説明しておきましょう。

お彼岸に結婚式の招待状を出す、届けるというのも問題はありません。

お彼岸に結婚の挨拶に伺うのもダメという決まりはありません。

ただし、相手のご両親の意向をしっかりと確認しましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です