夏から抜け毛にご用心幼児や子供の場合の原因は?予防は?

お子さんの抜け毛が多いと親としてはとても心配になります。

枕に髪の毛がたくさん付いていたり、お風呂の排水口にいっぱい
溜まっていたりすると、可愛そうになったり不安になったりしますよね。

今回は幼児や子供の夏から秋にかけての抜け毛の原因や予防について
ご紹介します。

スポンサーリンク


  

夏から抜け毛にご用心幼児や子供の場合は?

お子さんの抜け毛を心配するお気持ちはよくわかります。

ただ、円形脱毛のように髪の毛の一部がすっぽりと抜けてしまって頭皮が
円形に見えてしまっているというようなことがなければ、まずは脱毛症
などに関しては心配しなくても良いと思います。

お子さんの頭皮が全体的に赤くなっている(通常は青白い)、発疹があるという
場合は皮膚の病気の可能性がありますので、小児科・皮膚科の病院へ連れて
行ってあげて下さい。

子供は一時期、特に夏の終わりから秋口にかけて毛が多く抜けるということは
よくあります。

哺乳類の毛が夏と冬で生え変わることの名残だという人もいますが、
正確にはよくわかっていません。

大人でもこの時期は抜け毛が多く、冬場は50本以下なのに、この時期は
毎日100本以上毛が抜けるという人もいます。

この時に抜ける毛はいわゆる自然脱毛ですので、問題はありません。

しばらく続く場合もありますが、いつの間にかおさまっていることが多いです。

夏から抜け毛にご用心幼児や子供の場合の原因は?

自然脱毛や頭皮・髪の病気以外で幼児や子供の毛が抜ける場合、2つの原因が
考えられます。

一つはストレスによる脱毛、もう一つはいわゆる“夏バテ”による脱毛です。

ストレスによる脱毛

ストレスによるお子さんの脱毛は季節に関係なく、いつでも起きる可能性が
あります。

小さいお子さんから小学生、中学生まで子供のストレスは様々あります。

小さいお子さんですと、風邪を引いて熱を出しただけでも抜け毛がひどくなる
こともあります。

子育てでママが毎日イライラしていると、子供はそれを敏感にキャッチして
しきりに爪を噛んだり、抜け毛が多くなったりします。

幼児や子供は自分が何を欲しているのかを具体的にわかっていなかったり
するのですが、脱毛という形でストレスが端的にあらわれます。

親の無関心や、逆に異常な過関心で子供のやることなすこと全てに口を出す、
否定するなどは子供の抜け毛を増加させます。

いじめによるストレスは言うまでもありません。

スポンサーリンク

夏バテによる脱毛

夏バテで食欲がなくなった結果、冷たい飲み物や食べ物ばかり口にしていると
栄養不足になり、当然頭皮や髪への栄養も不充分になり脱毛の原因になります。

夏は大量に汗をかきますので水溶性のビタミン、ミネラルが対外へどんどん
流れ出てしまいますので、夏バテで食欲不振だとダブルパンチになります。

汗で流れ出てしまうビタミンの中には「ナイアシン」という髪に必要な栄養素も
含まれています。

また、多量の発汗によって皮脂の分泌も多くなりますので、子供の髪、頭皮の
環境が悪化する可能性があります。

暑さによる寝不足なども子供の抜け毛に大きく関係しています。

というのも、夏はプールや花火、キャンプなどレジャーも盛りだくさんです。

当然髪や皮膚へのダメージも増えますが、それらは子供が寝ている間に免疫細胞
によって修復されますので、睡眠不足ですと正常な修復ができなくなってしまう
のです。

寝苦しい→夜中にゲームをするとうのは最悪のパターンで、交感神経が昂ぶり
ますます寝不足になってしまい抜け毛を助長してしまいます。

夏から抜け毛にご用心幼児や子供の場合の予防は?

ストレスによるお子さんの脱毛は、本人すら原因がわからないことが多く、
気づいてあげられるはご家族の方だけです。

とりあえず薬を飲む、薬を塗るなどは症状を悪化させることもあるので
注意が必要です。

原因がわかる場合はすみやかに取り除いてあげることが一番ですが、
不安であれば小児科、皮膚科又は脱毛外来などに相談してみても良いと
思います。

今ではインターネットなどで医師に相談できるサイトなどもあるので、
一人で悩まずに専門家の意見を聞くようにしましょう。

夏バテによる脱毛の予防はまさに暑い夏の期間にどれだけバランスのとれた
食事を摂るようにするかで決まります。

夏バテによる髪への影響は2~3ヵ月後の秋口に出てくることも多いので、
夏場のお子さんの食生活をケアしてあげることが、秋口の脱毛を食い止める
ことになります。

暑さで食欲は減退しますが、アイス→ソーメン→ジュース→冷麺とかばかり
ではなく、たんぱく質や肉類や魚類もしっかり摂り、夏野菜や乳製品、
納豆などの発酵食品などもバランスよく摂ることが重要です。

冷たいものばかりですと、胃腸が冷えて栄養を吸収する力そのものが弱まり
ますので、温かいものも意識して摂れるように心がけてあげて下さいね。

関連記事
夏の抜け毛の原因は?本数は何本ぐらいがヤバイ?対策は?
夏の抜け毛で女性の場合は?原因や対策について。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です