夏の抜け毛で女性の場合は?原因や対策について!

抜け毛って嫌ですよね。

お風呂でシャンプーやトリートメントの後髪を洗った時に目立っていつもより多く
髪が抜ける、ブラッシングした時ブラシが髪でいっぱいに・・・など。

夏から秋にかけて特に抜け毛がヒドイと気になったりしていませんか?

夏の抜け毛で女性の場合の原因や対策などをご紹介します。

スポンサーリンク
  

夏の抜け毛で女性の場合は?

正常な女性の髪の毛は

発毛期
 ↓
成長期
 ↓
停止期
 ↓
休止期

があり、およそ3~5年のサイクルで自然に脱毛するようになっています。

日本人女性では1日平均50~100本の髪の毛が自然脱毛しています。

ですから、知らない間に抜けている髪を差し引いてシャンプーやブラッシング時に
50~60本ぐらい抜けていても問題ない範囲だと言えます。

夏から秋にかけて1日100本以上抜けて、冬にはほとんど抜け毛がないという方も
多いようです。

とはいえ、やはり気になりますよね。

夏の抜け毛で女性の場合の原因は?

季節を問わず、一般に女性の抜け毛の原因は

・ホルモンバランスの乱れ

・頭皮の血行不良

が多いようです。

ホルモンバランスの乱れは、女性ホルモンが減少して男性ホルモンが相対的に
増加して軽度の男性型の脱毛症を引き起こすこともあるようです。

頭皮の血行不良も色々な原因が考えられますが、健康な女性が頭皮の色が青白い
のに対して、赤くなっていれば血行不良を起こしている可能性があります。

この2つを含む夏特有の抜け毛の原因となるのがいわゆる“夏バテ”です。

夏バテによる髪への影響

栄養不足

ジュースなどの冷たい飲み物やアイス、ソーメン、冷麺などの冷たい食べ物
ばかりで夏を過ごしてしまうと、胃腸が冷やされて弱り、栄養を吸収する力が
なくなってしまいます。

胃腸が弱るとさらに食欲が減り、つい簡単なものばかりで済ましてしまうため
栄養不足になります。

もちろん頭皮や髪への栄養も行き渡らず脱毛の原因になります。

暑さによる寝不足

夏の暑さや紫外線など、頭皮や髪へのダメージは寝ている間に活発に修復され
ます。寝不足だと免疫細胞の働きが不完全になり脱毛の原因になります。

暑さによるストレス

ストレスは栄養の吸収を抑えてしまう上、ホルモンバランスを崩すきっかけにも
なります。

多量の発汗

夏の暑さで多量の汗をかくことで水溶性のビタミン「ナイアシン」などが体外に
流れ出てしまいます。ナイアシンは髪に必要な栄養素のひとつです。

エアコン

直接頭にエアコンを浴びると、頭皮が乾燥し血行不良になりやすくなります。

また、エアコンの効いた部屋から暑い屋外へ出たり入ったりを繰り返せば、
自律神経がおかしくなり、ホルモンバランスを崩すことにもなります。

これらの夏バテによる髪への影響は2~3ヶ月してから効いてくることも
多く、暑くなる時期にもよりますが、秋口ぐらいに脱毛が増えることも
考えられます。

スポンサーリンク

夏の抜け毛で女性の場合の対策は?

夏バテが原因の場合は、しばらくは脱毛が続いてしまう可能性があります。

対策として一番初めにやっておきたいのはやはり充分な栄養を摂ることです。

食欲のある時に温かいものを中心にして豚レバーなどの肉類、魚類、夏野菜、
しょうが、納豆などをバランスよく摂るようにしましょう。

無理なダイエットで抜け毛が増えた経験をお持ちの方もいるかもしれませんが、
髪や頭皮といっても本当は体の内側からケアしないと改善は難しいのです。

現代の女性に毎日バランスのとれた食事をというのは実際には難しいですので、
3日のスパンでバランスのとれた食事を心がけるといいようです。

ちなみに女性ホルモンの減少には豆乳がよいそうです。

大豆イソフラボンには女性ホルモンの代表格であるエストロゲンと似た働きを
することが分かっていますので、豆乳は強力な女性の味方になってくれるのは
間違いありません。

また、寝不足の解消ストレスを抱え込まないエアコンのかけ方の工夫なども
夏から秋にかけての脱毛を少なくするのに役立ちます。

最近は女性用の育毛剤も発売されていますが、男性用と女性用では脱毛の
原因が違いますので男性用は使用しないほうが良いようです。

さいごに

女性の体はデリケートですので、少しのきっかけでホルモンバランスを崩す
ことがあり、脱毛の原因にもなってしまいます。

レディースクリニックはそのような悩みの相談にピッタリですし、適切な
医学的処置もしてくれます。

「ここに書いてあることに当てはまらない」
「もっと状況は深刻である」

という方は、皮膚科を受診されることをおすすめします。

ホルモンバランスの乱れなのか、皮膚の病気なのか、甲状腺の病気なのか
などそれぞれの原因に応じた治療をすることで確実に治すことができます。

都市部の大病院には「脱毛症専門外来」を設けているところもあり、
普通の皮膚科と違ってより詳しい原因の特定や治療が受けられます。

関連記事
夏の抜け毛の原因は?本数は何本ぐらいがヤバイ?対策は?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です