コミケへの交通のアクセスは?おすすめは?

毎年夏と冬に開催されるコミックマーケット。この日は遠方からも多くの人が
来場しますが、コミケ会場への交通のアクセスで迷う人も多いのではないでしょうか。

コミケへの交通のアクセス方法とおすすめをご紹介します。

スポンサーリンク
  

コミケへの交通のアクセスは?

私は関西から長年コミケへ参加していましたが、現在の有明の東京ビッグサイトに
会場が移ってからの交通のアクセスはほぼ次の4つの方法でした。

コミックマーケットへの交通アクセス

①りんかい線ルート⇒国際展示場駅下車 徒歩7分

JR山手線、湘南新宿ライン、埼京線の大崎駅から13分
JR京葉線、東京メトロ有楽町線の新木場駅から5分
 
②ゆりかもめルート⇒国際展示場正門駅下車 徒歩3分

JR山手線、京浜東北線、東京メトロ銀座線、都営浅草線の新橋駅から22分
東京メトロ有楽町線の豊洲駅から8分

③都営バス⇒東京ビッグサイト到着

東京駅八重洲口から約40分
東京駅丸の内南口から約40分
門前仲町から約30分

④タクシー⇒東京ビッグサイト到着

例)東京駅八重洲口から約30分

このほか自家用車で直接行く方法、水上バス、京急バス、Kmフラワーバスなど
で行く方法もありますが、私は一度も利用したことはありません。

スポンサーリンク

コミケへのアクセスでおすすめは?

この中で一番のおすすめは①のりんかい線ルートです。

どの交通手段を使ってもやはりコミケの3日間は混むのですが、輸送力という点から
考えてもりんかい線が一番安心です。

私は①~④の交通手段を全て使いましたが、一般参加の時はりんかい線にスムーズに
乗れる場所に宿やホテルを予約していました。

サークル参加の場合は、8時30分ごろに着けばよかったので、都営バスでも充分
でしたが。

ちなみに、JRやりんかい線では地元関西で使っている「ICOCA」が使えますので
スムーズに駅に出入りができました。ゆりかもめでは使えません。

券売機でも結構人が並んでいますので、時間のロスをしないためにも関東圏では
「スイカ」「パスネット」の用意やチャージ、ほかの地域でも自分が持っている
JRのICカードが使えるかなどをチェックしておくことをおすすめします。

②のゆりかもめは、東京の交通機関に慣れていないという場合には、JR山手線で
新橋駅→ゆりかもめに乗り換えて国際展示場正門駅で目の前がコミケ会場ですので
分かり易いとは思います。

海沿いを通り景色もいいのですが、輸送力がりんかい線ほどなく乗るのに待たされる
可能性が高いです。特に夏のコミケでは「お台場冒険王」や「花火」のお客さんと
カブることもあり更に混みますので避けた方がいいです。

③の都営バスですが、東京駅からはコミケ当日に臨時バスの多数増発されるのですが、
発車時刻が7時半過ぎからですので、少しでも早く行って並びたいという方は電車を
利用された方がいいかもしれません。

④のタクシーは重い荷物がある場合や快適に行くのには一番ですが、もちろんお金が
多くかかります。③のバスにも言えることですが、渋滞に巻き込まれる可能性も
あります。

ただ、例えば友達4人で参加するという場合には、一人の負担は軽減されますので
十分に検討できると思いますよ。

関連記事
夏コミへ初参加!日程やアクセスは?準備するものや必需品は?
コミケ2016年夏の日程やジャンルは?カタログの使い方は?配置図の見方や対策は?
コミケの待ち時間について!入場時は?サークルでは?
コミケのカタログは必要?買わないといけないの?軽量化などの対策は?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です