コラーゲンが効果がないというのはウソ?最新の医学的根拠と食べ物は?

最近、バラエティー番組を見ていて衝撃を受けました。

「コラーゲンが美肌や関節痛に効果があるというのはウソ」というのは
間違いだというのです。

はぁ? どういうこと? 何て紛らわしい・・・ということで調べてみました。 

スポンサーリンク
  

コラーゲンが効果がないというのはウソ?

コラーゲンは肌のツヤやハリを保つためやひざなどの関節痛に効くということで、
一時期有名になりました。

そのため、女性を中心にコラーゲンを摂取するための食品や飲料、サプリメントなどが
話題になりましたよね。

しかし、その後「コラーゲンを摂取しても何の効果もない」ということが美容皮膚科の
先生からも言われるようになり、あまり話題にならなくなっていきました。

―と、私の知っているのもここまででした。

コラーゲンが効果がないとされた理由は、食べ物などで摂取すると体内で分解されて
吸収されてしまうため、ただのタンパク質になってしまう・・・つまり普通の食事を
摂るのと何も変わらないということでした。

そのようなことを言われ、私も「そう言われれば、そうかも」と漠然と納得していた
のですが、最近の研究ではどうもそうではないということがわかってきたのです。

コラーゲンが効果がないというのはウソの最新の医学的根拠は?

大学の研究機関や、企業などでコラーゲンの経口摂取の研究が続けられた結果、
最近になって新しいデータなどが発表されています。

それによると、コラーゲンを摂取することによる美肌効果はもちろん、骨や関節の
健康維持にもちゃんと関わっていることがわかってきています。

ではコラーゲンは効果がないと言われた理由はどうなるんだってハナシですが、
体内でコラーゲンがバラバラにされて、ただのアミノ酸として吸収される―と
考えられていたのが実は違っていたということらしいです。

コラーゲンは他のタンパク質とは違ってバラバラにはならず、アミノ酸がいくつか
まとまった「コラーゲンペプチド」という形で体内に吸収される

ということがわかってきました。

さらに、血流に乗って肌や関節へ運ばれたコラーゲンペプチドは体内でコラーゲンを
つくる材料になるのではなく、細胞を活性化するための信号を出す役目を果たすと
いうこともわかってきました。

肌であれば、その周辺細胞に「肌のツヤやハリを保つ成分を作りなさい」という
信号を出します。その結果としてコラーゲンやほかの肌ツヤやハリを保つ成分が
積極的に作られます。

骨や関節なども同様にコラーゲンペプチドが周辺細胞に働きかけて「軟骨細胞」
などが活性化します。

ちなみに、肌に塗るコラーゲンは今でも意味がないという意見に変わりがないです。

コラーゲンの分子が大きいので、皮膚の奥まで浸透して吸収されることはない
ということです。

スポンサーリンク

コラーゲンの効果のある食べ物は?

コラーゲンの効果がある食べ物の一日の摂取量というのも色々言われてきましたが、
今は1日5g(5,000mg)とうことがわかってきています。

また、肌のツヤやハリに影響を与えるには1日5g、骨や関節ならば1日10g必要という
研究の報告もあります。

フカヒレをいっぱい食べている人を当時テレビで見たことがありますが、コラーゲン
自体は摂り過ぎても害はないそうですが、食べ過ぎや他の脂肪や糖分を摂り過ぎると
いう弊害はありますし、5g以上摂取しても美肌効果はないんですね。

しかし、現在の私たちが1日に摂取しているコラーゲンの量は平均1.9gなので、全然
足りていません。

意識してコラーゲンを多く含んでいる食品を摂るようにし、足りない分はサプリなど
で補うのもアリかもしれませんね。

コラーゲンを多く含む食べ物(100gに対して)

肉類
手羽先(1,550mg)
鶏軟骨(4,000mg)
牛すじ(4,980mg)
魚類
フカヒレ(9,920mg)
鮭(2,410mg)※皮も含む
秋刀魚のひらき(2,230mg)※皮も含む
うなぎの蒲焼き(5,530mg)
しらす干し(1,920mg)
イカ(1,380mg)

鶏肉にはコラーゲンが多く含まれていて低カロリーですので、ダイエット中の方にも
おすすめです。

また、魚類は皮の部分にコラーゲンが多く含まれているので、できれば皮も残さずに
食べた方がいいです。

関連記事
コラーゲンの経口摂取は効果あり!おすすめと効果のない摂取方法とは?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です