汗の臭いで良い汗と悪い汗の違いは?原因は?対策は?

暑い時期になると、汗の臭いが気になります。

普段はそれほど気にならないと言う人でも、ふとした瞬間に

「あれ?何この臭い!」

などと思ったことはありませんか?

そのような時、あなたは「悪い汗」をかいているのかも知れません。

  

汗の臭いで良い汗と悪い汗の違いは?

汗にはサラサラしていてあまり臭わない「良い汗」とベタベタして
汗臭くなりやすい「悪い汗」の二通りがあります。

同じ人であっても、体調やその時の生活の仕方によってかく汗が違ってきます。

良い汗とは、運動などの体温上昇によって汗腺から分泌されるもので、
少量の塩分を含んだサラサラの汗で臭くなりにくいという特長があります。

皮膚の上で素早く蒸発することで体温を調節するとともに、肌を弱酸性に
保って雑菌やカビの繁殖を抑えつつ保湿の効果もあります。

悪い汗とは、汗腺の機能が鈍くなることによって、体内でのミネラルの再吸収が
うまく行なわれずに、汗と一緒に体の外へ流れ出てしまう状態のことをいいます。

この中には、アンモニアなど汗が臭う原因になる成分が多く含まれています。

ミネラルなどを多く含んだ汗はベトベトで蒸発しにくく、体温調節も妨げて
さらに汗をかくという悪循環になってしまいます。

また、汗が乾きにくいことで雑菌が繁殖しやすくなり、汗の臭いがきつくなったり、
皮膚炎などを引き起こす場合もあります。

汗の臭いの原因は?

食べ物

規則正しい食生活が出来ていないとホルモンのバランスが崩れて
汗腺の働きがおかしくなることがあります。

また動物性脂肪を多く摂り過ぎることで皮脂の代謝が盛んになり、酸化することで
汗の臭いが強くなります。

運動不足

運動する機会が少ない人は、自然に汗をかくことも少なくなり、汗腺機能が低下して
「悪い汗」をかくようになりやすいです。

エアコン

エアコンで温度調節がされた職場では、夏場でも汗をかかないような状況が続くので
汗腺の働きが悪くなり「悪い汗」をかく原因になります。

また、エアコンの効いた室内と夏の暑い室外を出たり入ったりしていると、
自律神経のバランスが崩れて発汗の調節ができなくなってベトベトの汗がとめどなく
流れたりしてしまいます。

ストレス

過度のストレスによる発汗も突発的に起こるため、ミネラルの再吸収ができずに
「悪い汗」となってしまいます。

スポンサーリンク

汗の臭いの対策は?

汗臭くない「良い汗」をかくには、汗腺機能を高める必要があります。

食べ物

規則正しいバランスの取れた食生活を心がけることで
汗腺機能を高めます。

善玉菌が増えると臭いが少なくなるので、乳酸菌を意識して
食事に取り入れることをおすすめします。

有酸素運動

ジョギングやウォーキングなど体にあまり負担をかけない軽度な運動の
習慣を身につけて、適度な汗をかくことで汗腺機能を高めることが
できます。ダイエットやストレス解消にも効果があります。

半身浴

汗腺の機能を高めるために一番簡単に出来る方法だと言われています。

ぬるめのお湯でゆっくり浸かり「良い汗」をかく体を手に入れましょう。

まとめ

部活動をやっている学生やプロスポーツ選手などの汗が臭わないのは
毎日の運動で汗腺の機能が活発だからと言えます。

しかし、過度な運動はストレスの原因にもなるので、普段からの食事に
気をつけながらジョギングや半身浴などでリラックスしつつ、適度な汗を
流す習慣を身につけてサラサラの「良い汗」をかくようにしましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です