お盆玉の意味や由来は?相場や金額は?お盆玉袋とは?

近頃メディアなどでも取り上げられるお盆玉についてご紹介します。

 

お盆玉の意味や由来は?

お盆玉とは、お正月にあげるお年玉と同様にお盆の時期にお孫さんや親戚の
子供にあげるお小遣いのことを言います。

江戸時代の山形県の一部の地域で夏に奉公人に衣類や下駄などを渡す風習が
あったことに由来すると言われています。

この風習が、昭和の初めに子供にお小遣いをあげるように変化したとされて
いますが、全国的なものではありませんでした。

全国的にお盆玉という言葉が使われだしたのはここ数年のことで、需要を
見込んだ企業などが関連商品やグッズを販売しています。

お盆玉の相場や金額は?

意味や由来でも見たとおり、お盆玉というのは絶対にあげないといけないと
いうものではありません。

最近になってよく耳にするようになったのも、節分の恵方巻きと同様に
企業の商品販売の一環によるところが大きいようです。

お盆玉の相場や金額については、お正月に会えなくてお年玉を渡せなかった
孫や親戚の子供たちにお年玉の代わりに渡すという場合もあり、その場合は
お年玉と同額程度が考えられます。

「お年玉はあげていますよ」
と言う場合は、お年玉より少なめ~半額程度ということが言われます。

具体的な金額としては、

小学生以下には~3000円程度
中学生には~5000円程度
高校生には~1万円程度

また、来年小学校へ進学されるお孫さんへお盆玉としてランドセルなどを
買ってあげるという場合もあります。その場合の金額は・・・。

スポンサーリンク

因みに特に関東地方から北の地域では、その地域の習慣があるという場合が
ありますので、その時は周囲の人に確認してみましょう。

お盆玉袋とは?

夏らしい明るいデザインのお盆玉用のぽち袋のことですが、最近多くの
メーカーから様々なものが販売されています。

おばあちゃんやおじいちゃんが久しぶりに会ったお孫さんなどにお小遣いを
あげるというのはお盆でなくてもよくあることです。

百貨店やスーパーなどではそれ以前からも置いていましたが、「お年玉」
と書いていない「一年を通して使えるぽち袋」という感じでの販売だった
ように記憶しています。デザインも通年で使える無難なものでした。

2014年7月から日本郵便株式会社が郵便局などでお盆玉袋の販売を始めて
大きな話題になりました。

以降、毎年7月頃に郵便局などで発売しています。

郵便局で扱うお中元や暑中見舞いなどの夏の行事の一つとして考えている
のかも知れませんね。

まとめ

お盆玉は

「絶対にあげなければいけない」

というものではありませんが、

「お盆や夏休みにお孫さんや親戚の子供にお小遣いをあげている」

という場合はお盆玉袋に入れて渡してあげると喜ばれると
思いますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です