お盆で精霊馬の意味や由来は?作り方は?置き方や処分の方法は?

お盆の時期、お供え物と一緒にきゅうりやナスで作った動物のような置き物
を見たことがありませんか?

今回はお盆行事に用いられる精霊馬(しょうりょううま)についてご紹介します。

  

お盆で精霊馬の意味や由来は?

お盆で精霊馬の意味は?

精霊馬(しょうりょううま)とは、お盆の期間中にきゅうりやナスに4本の棒を
差して足に見立て、馬や牛としてお盆棚や仏壇にお供え物と一緒に置くものの
ことを言います。

きゅうりは馬、ナスは牛に見立てているのですが、これらをひっくるめて
精霊“馬”と呼びます。

精霊馬の意味ですが、どちらもご先祖様や故人の乗り物として用意します。

きゅうりは足の速い馬としてあの世から少しでも早く家に戻って来れるように。

ナスは歩みの遅い牛としてこの世からあの世に帰るのが少しでも遅くなるように
(少しでも長く私たちと一緒にいられるように)、そしてお土産(お供え物)を
いっぱい積んで帰れるようにとの願いが込められています。

お盆で精霊馬の由来は?

精霊馬の由来については諸説あり、はっきりしたことはわかっていませんが、
仏教の教えとして大陸から伝わったものではなく、日本に古くから伝わって
いた風習が仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と合体したという説があります。

関東地方から北の地域で多く見られたことから、縄文時代の自然崇拝に
端を発しているのではないか、とも言われています。

お盆で精霊馬の作り方は?

簡単に作り方をご説明します。

最初にきゅうりとナスを一本ずつ用意します。

これは切ったものではなく、丸ごと一本でご用意して下さい。

お盆棚や精霊棚・仏壇のスペースなどが小さければ、小ぶりのものを用意
した方がいいかも知れません。また、出来上がった時に馬や牛に見えるように
少し曲がったものをおすすめします。

次に割り箸、爪楊枝またはマッチ棒などを用意します。

爪楊枝やマッチ棒は小さいきゅうり、ナスの場合に差すだけで簡単に出来上がり
ます。

割り箸の場合は、馬、牛の脚(あし)になるバランスを考えて長さを調節して
カットします。その時、短めにカットすれば牛っぽくなりますし、長めに
カットすれば馬っぽく見えます。

最後にきゅうりとナスのヘタの部分を馬と牛の頭に見立てて割り箸(または
爪楊枝かマッチ棒など)を脚の位置に差して出来上がりです!

とても簡単ですので、初めてだという方も一度作ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、藁(わら)で作る場合などもあるようです。

最近驚いたのは、何と本物そっくりな蠟(ろう)で出来た精霊馬もお盆グッズ
として出ているので、興味のある方にはおすすめしておきます。

お盆で精霊馬の置き方や処分方法は?

お盆で精霊馬を飾る期間は?

お盆は地域によって、新暦や旧暦によっても違うのですが、一般的には
8月13日から16日、迎え盆から送り盆までの4日間です。

その期間に精霊馬を飾り、ご先祖様や故人のお迎えとお送りが出来るよう
準備をしましょう。

お盆で精霊馬の置き方は?

精霊馬の置き方については、これも諸説あり、ご家庭で信仰されている宗教や
宗派によって各々方法がある場合もあり、まずはそちらをご確認されることを
おすすめします。

一般的には、お迎えする時には内向き、お送りする時には外向きにします。

お仏壇の場合は、お仏壇は通常東を向いていますが、東からお迎えして
西に帰って行くのをお送りする形になりますので、きゅうりの馬を西に向け、
ナスの牛を東に向けて置くようにします。

ご先祖様がいらっしゃる形と帰っていかれる形にきゅうりとナスをそれぞれ
置くわけです。

お盆で精霊馬の処分方法は?

ご先祖様や故人の方があの世へ帰られた後は、無事に役目を果たしたので
精霊馬は処分することになります。

この処分方法に決まりはありませんので、どのように処分なさっても問題は
ありません。無事に役目を果たした後のものですから、悪いことが起きるとか
いうことはありません。

ただ、地域によって、ご家庭で信仰されている宗派によって決まりがある
のであればそれに従って下さい。

自分の家の畑で採れたものであれば、土に埋めるというのも一つのやり方
です。実際にそうする地域もあるようです。

昔は川や海に流したりしたそうですが、現在では逆に不法投棄で問題になる
場合もあり得ますので、普通に処分する方が無難ではないかと思います。

まとめ

今回は精霊馬(しょうりょううま)についてご紹介しました。

精霊馬には、ご先祖様や故人に対する、人々の優しい気持ちが込められて
いました。

この優しい気持ちを大切に伝えていきたいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です