浴衣を男性が着るときに必要なものは?着方は?おしゃれは?

浴衣(ゆかた)はもともと日本の夏に着る一番簡単な服装なのですが、
洋服とは違うせいか女性に比べて男性で浴衣を着ている人は少ないように
感じます。

「着るのが難しそうなので、今まで浴衣を着たことがない」

という方はこの機会にぜひ着てみて下さい。

女性よりもずっと簡単に着こなせ、その着心地のよさにハマるかも
しれませんよ。

  

浴衣を男性が着るときに必要なものは?

浴衣は元々お風呂上りなどに簡単に着る室内着だったので、着物のように
難しい着付けルールなどはなく、簡単に羽織るものというのが基本的な
考え方です。

家の中なら下着の上に浴衣をサラリと羽織り、直接帯をギュッと締めて
終わり!という旅館スタイルでもいいのですが、花火大会やお祭りに
出かけるとなると、一応それなりの準備が必要です。

浴衣を男性が着るのに必要なものは大まかには

浴衣

下着
履物

に分けられると思います。

浴衣

浴衣は、シーズン前になると衣料品店で販売されていますので簡単に手に入り
ます。価格は三千円くらいから数万円するものもあります。

値段や柄など以外でも麻、木綿、絹など色々な種類の浴衣が出ていますので、
肌触りや着心地の良いものを選ぶことをおすすめします。



帯はいくつかの種類があるのですが、初めての方は定番の「角帯」を使った
方がいいでしょう。これは一番上につける帯で、浴衣の下に長襦袢などを着る
場合は

長襦袢→腰ひもで押さえる。

着物→下帯(男締め)で押さえる。

その上から角帯を締めます。

下着

何を着なければならないとは決まっていないので、パンツだけでもいいの
ですが、ランニングシャツやTシャツを着ていた方が、汗を吸ってくれる
のでおすすめです。

昔は着物のように長襦袢(ながじゅばん)という白い下着を着ていましたが、
最近着ている人は少ないようです。浴衣が透けるようなデザインのものなら
着た方がいいかも知れません。

履物

普通のシューズでは格好がつかないので、草履、下駄、雪駄などを履くと
格好がいいです。履物で印象が全然違ってきますので浴衣とのバランスに
注意して選びましょう。

ついデザインだけで選んでしまいがちですが、花火大会やお祭りなどに行く
のなら長時間歩き回る場合もありますので、履きやすいもの、疲れないもの
を探すこともおすすめします。

スポンサーリンク

浴衣を男性が着るときの着方は?

Tシャツ、パンツなどの上に浴衣を羽織り、下帯を腰骨の位置くらいに
きつめに締めて、その上に角帯を締めるという順番で着ます。

浴衣の着方や角帯の締め方の例はこちらでご覧ください。

浴衣を男性が着るときのおしゃれは?

お相撲さんが浴衣を着ているとドッシリと安定して格好よく見えます。

男性の浴衣は痩せている人よりも太っている人の方がよく見えるので、
下着と浴衣の間のおへその位置にタオルを三つ折くらいにしたものを
入れると格好よい着こなしができます。

また、ステテコなどを履くのもよいと思います。浴衣のすそがはだけても
素足が見えませんし、あぐらをかいてもパンツが見えることもありません
ので粋な着こなしになります。

女性の場合は浴衣が着崩れないように気を使いますが、男性は逆に少々
着崩した方が男らしく見えます。やり過ぎも問題ですが・・・。

お祭りで扇子や団扇(うちわ)を帯に差している人を見たことがありますが、
とてもおしゃれに見えました。

控えめなアクセサリーなどで遊んでみるのもいいかもしれませね。

まとめ

浴衣の着方やルールというのは、知ってしまえばそんなに難しいものでは
ありませんので、この夏、浴衣を着て花火大会やお祭りに出かけてみては
いかがでしょうか?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です