DCモーター内蔵の扇風機とは?メリット、デメリットは?

最近、扇風機が売れているらしいです。

テレビの宣伝で見かける羽根のない扇風機や、おしゃれなデザインの
せいかなと思っていたのですが、どうやらデザインだけではなく、
DCモーター内蔵の扇風機というのが主流になりつつあるようなのです。

スポンサーリンク
  

DCモーター内蔵の扇風機とは?

今まで私たちが普通に使っていた扇風機はAC(交流)モータ内蔵の扇風機です。

交流モーターは長時間安定した動力を得られますが、操作性が良くなく
微妙な調整は苦手でした。

それに対して最近話題のDC(直流)モーター内蔵の扇風機は、微妙な調整が
可能なため、細かなニーズにも対応できるので便利なようです。

DCモーター内蔵の扇風機のメリットは?

最近の扇風機は、従来のACモーター内蔵の扇風機でも色々な機能が充実して
いますので、その点はACもDCも同じだと思います。

DCモーター内蔵の扇風機のメリットは、4~8段階の風量調節が出来ることです。

従来の扇風機は「弱」「中」「強」の3段階しか風量が調節出来ません
でしたが、DCモーター内蔵の扇風機には「弱」よりゆるやかな自然に近い風を送る
機能
がついています。

スポンサーリンク

もう一つ明らかな違いは、DCモーター内蔵の扇風機は音が静かだという点です。

この二つにメリットを感じないのなら無理に購入する必要はないと思います。

「夜、寝ている時の扇風機の風が強い。それに音も気になってしまう。」

という方は購入を検討してみてはいかがでしょうか?

DCモーター内蔵の扇風機のデメリットは?

価格が高いということに尽きますね。

従来の扇風機は2,000円ぐらいから売っていますが、DCモーター内蔵の扇風機は
安くても5,000円以上はしますし、高いものだと30,000円ぐらいするものも
あります。

DCモーター内蔵の扇風機の電気代は?

DCモーター内蔵の扇風機は電気代が安いと言われますが、確かに従来の扇風機
に比べて消費電力が少ないのですが、元々扇風機自体がクーラーに比べて
数十分の一とかですし、一ヶ月単位でもせいぜい100円ぐらいじゃ
ないでしょうか。

それなら、夜クーラーを切って扇風機に変えるとかの方がより効果的だと
思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です