上司へのお中元は贈るべき?時期、金額、おすすめの品物、送り状、喪中の時は?

上司へのお中元は贈るべき?時期、金額
おすすめの品物、送り状、相手が喪中の
時などについてご紹介します。

 

上司へのお中元は贈るべき?

お中元は、日頃お世話になっている人への
感謝の気持ちとして品物を贈るということ
です。

なので会社の上司へのお中元は構わない
のですが、最近の社会の流れとして
虚礼廃止ということが言われます。

これは、形式的な習慣をなるべく行わない
ようにしようということで、会社でも徐々に
広がっているようです。

お中元を贈ろうと考えた場合は、まず自分の
会社で同僚や先輩たちがどのように
しているかを必ず確認しましょう。

上司へお中元を贈る時期は?

お中元を贈る時期については、最近は段々
早くなってきているようです。

お中元は6月下旬から7月15日までに着く
ように送ります。

それ以降に贈る場合は、8月7~8日の立秋を
境にしてそれ以前なら「暑中見舞い」、
それ以降なら「残暑見舞い」として贈ります。

お中元の表の熨斗(のし)には「暑中御伺
残暑御伺」などと書きます。

上司へお中元を贈る時の金額は?

金額は5,000円程度とされています。

ただし、毎年続けていくことでもあるので、
負担になるようなら3,000円位からでも
構わないと思います。

逆にあまり高級なものを贈るのは避けたほう
が良いです。

スポンサーリンク

お返しなどの場合でも相手から
戴いたものよりも高いものを贈るのは失礼と
されていますし、相手も恐縮してしまって
かえって負担に感じるかもしれません。

上司へお中元を贈るのにおすすめの品物は?

それなりの役職についておられる方なら、
この時期たくさんのお中元が贈られてくる
ことが考えられますので、生ものなどは
避けた方がいいです。

・羊羹(ようかん)
・ゼリー
・お菓子
・乾物
・調味料
・飲料

など、ある程度日持ちのするものがいい
と思います。

上司へお中元を贈る際の送り状は?

これはいきなり品物を贈るのではなく
ハガキや手紙で事前にお知らせするの
ですが、出す人も出さない人もいます。

出す場合は、お中元の到着の数日前
送り状が届くように出します。

内容は季節のあいさつ→日頃お世話になって
いることへの感謝→お中元をおくりました
というお知らせ→結びの言葉というような
順番で書くようにします。

お中元と一緒に贈る場合は「添え状」と
いいますが、発送のお知らせ以外の内容
で構わないと思います。

上司へお中元を贈る時が喪中だった場合は?

相手が喪中だった場合、もし知らずに
贈ってしまっても失礼になることはありません。

喪中にお中元を贈ることは失礼ではありま
せんが、事前にわかっているのなら
熨斗(のし)は「御中元」ではなく「御供え
としたり、赤白の水引きなしで文字だけの
「御中元」とする方が良いようです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です