お中元のお返しは必要?時期はいつまで?金額や相場は?

初めてお中元をいただいた時、どのように対応すればいいのか
戸惑うことも多いと思います。

「そもそもお返しは必要なの?」
「どのようにお返しすればいいの?」
「いつまでにお返しすればいいの?」
「お返しの金額はどのくらい?」

などについて簡単にご説明します。

  

お中元のお返しは必要?

お中元というのは

日頃お世話になっている人に感謝の気持ちをあらわすために品物を贈る

ということですから、お中元を受け取った側が必ず品物でお返しを
しなければならないという決まりはありません。

ただ、受け取って何のリアクションもないというのはやはり失礼に
なりますので、

お中元が無事にとどきましたよ

結構なものをいただいてありがとうございます

という2点を必ず相手に伝えるようにしましょう。

友人、知人や親類の場合は電話だけでも問題ありませんが、会社の上司や
目上の方などの場合はお礼状を送るようにしましょう。

お礼状の書き方については、年中行事の挨拶やマナー本を読むか、
インターネットの検索で“お中元”“お礼状”などで検索すれば例文が
出ていますので、自分と相手の立場を当てはめて書くようにしましょう。

お中元のお返しの時期はいつまで?

お中元を送る時期は最近では6月下旬から7月15日までというのが
多いようです。

(詳しくは
お中元の意味や起源は?時期はいつからいつまで?値段や相場は?
をご覧ください。)

お返しというのは相手がお中元を送ってきた後にするものですので、
いつにすると決めることはできませんが、なるべく早く対応することを
おすすめします。

「目上の方にお礼状を書くのに準備が必要」
「遠方なのでお礼状が着くのが遅くなるのでは?」

といった場合は、まず電話などでお中元の到着と感謝の意を伝え、
後にお礼状などを送りましょう。

もし、こちらも品物を贈りたい、という場合でお返しが7月15日を
過ぎていた場合は

8月7~8日頃までに到着予定であれば「暑中お見舞い」

8月7~8日以降の到着予定であれば「残暑お見舞い」

として贈りましょう。

その場合も、お礼状を添えることを忘れずに。

お中元のお返しの金額や相場は?

お中元のお返しの金額や相場というのは決まっていません。

しかし、だいたい頂いた商品の金額の半額から同等以下とされて
います。

マナー本などには約3割から半額程度としているところもあります。

少なくとも、頂いた商品よりも明らかに高いものを贈るのは逆に
失礼とされていることだけは間違いありません。

「次からは贈らないでください」

という断りの意味で同等から2倍くらいの品物を贈る習慣がある
そうですので気をつけましょう。

まとめ

お中元のお返しというのは、

お中元をいただいたことへの感謝の気持ち

先方からのお中元が無事に届いたことを伝える

という2点が最も重要ですから、必ずしも商品をお返ししなければ
ならないというものではありません。

電話やお礼状などで上記の2点をなるべく早く伝えるように
しましょう。

商品などを贈る場合は、金額などに気をつけて相手が喜ぶものを
贈るようにしましょう。

その時も、お礼状を添えることを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です