お中元の意味や起源は?時期はいつからいつまで?値段や相場は?

お中元って言葉は知っているけど、いざ自分が出すとなると、
相手に失礼がないかどうか不安になりますよね。

そんなあなたに知って安心のお中元の意味や時期、お値段などを
ご紹介します。

  

お中元の意味や起源は?

お中元の起源は、中国の宗教である道教の「三元」という考え方に由来しています。

三元とは上元(陰暦1月15日)、中元(陰暦7月15日)、下元(陰暦10月15日)があります。

そのなかでも中元は、人間贖罪(にんげんしよくざい)=人間の罪をつぐなう日として、
神を祭るお祭りが行われていましたが、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という
お盆の行事と一緒になり、祖先の霊を供養する日となりました。

江戸時代以降、お中元の日に親類や知人宅を訪れて贈り物をする風習が生まれ、
やがてお世話になった人に贈り物をする習慣を「お中元」と呼ぶようになりました。

ですから、お中元の意味とは

「お世話になった方への感謝」をあらわすために物を贈る

ということになります。

お中元は誰に送る?

お中元を具体的に誰に送ればいいのかというと、個人的には

・会社の上司や仲人など
・親類(両親、義両親、親戚など)
・友人、知人など
・弁護士など特別にお世話になった方

ということになります。

また会社同士の付き合いで大切な取引先に贈る場合も考えられますね。

もちろん、○○には必ず送らなければならないという性格のものではなく、
あくまで「お世話になった方への感謝」をあらわすために物を贈る
ということが基本になります。

お中元の時期はいつからいつまで?

お中元の時期は地域によって差がありますが、先ほどの起源でも見てきた
ように、中元の「陰暦7月15日」というのが基準になります。

本来、陰暦7月15日は今の暦(こよみ)では8月中ごろになりますが、
関東では新暦でおこなうため、7月1日から7月15日までに贈ります。

一方、関西地方では昔から旧暦でおこなう地域が多く、一般に
7月15日からお盆の8月15日までに贈るとされています。

しかし、現在は情報化社会でもあり次第に画一化が進み、全国的に
新暦の方に合わせていく傾向があります。百貨店の商戦なども激化し、
6月下旬ぐらいからお中元商戦が繰り広げられています。

というわけで、現在では6月下旬から7月15日までにお中元を贈るのが
一般的です。

お中元の時期が過ぎてしまった場合は?

お中元の時期が過ぎてしまった場合は、立秋(8月7日あるいは8月8日)
までに贈る場合は「暑中お見舞い」、立秋以降に贈る場合は
「残暑お見舞い」として贈ります。

お店などで注文するときに相談すれば、熨斗紙(のしがみ)もそのように
してくれます。

お中元の値段や相場は?平均価格っていくらぐらい?

お中元の値段や相場としては、もちろん場合によりますが、一般的には

友人、知人、親類など一般的なお付き合いの方
3,000円~5,000円程度

会社の上司や仲人などお世話になった方
5,000円程度

特別にお世話になった方
10,000円程度

とされています。

あまり高額なものを最初に贈ってしまうと、今後そのレベルを維持する
ことが負担になりますし、受け取った相手も恐縮してしまうかも
しれないので注意が必要です。

金額もさることながら、できることなら相手の好みなども考えて
受け取った方に喜んでいただけるようなものを贈りたいですね。

お中元を相手に贈る場合の注意事項は?

もしお中元を受け取る相手が公務員など公の仕事についておられる
場合にはぜひとも注意が必要です。

昨今の現状を考えれば、賄賂を疑われ、相手に迷惑をお掛けするような
可能性も十分に考えられます。

まとめ

お中元はお世話になった方への感謝をあらわすために贈るものです。

また、一度贈れば毎年やりとりが繰り返されるようになるので、
これから長いお付き合いをしたい相手に贈ることをおススメします。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です