紫外線対策に食べ物って効果ある?有効な栄養素や食材は?

紫外線対策に食べ物って本当に効果があるのでしょうか?

紫外線対策と言えば、日傘をさしたり、サングラスや手袋、服装に気を使う、
あるいはクリームを塗るなどが思い浮かびますが・・・。

そんな疑問をまとめてみました。

  

紫外線対策に食べ物って効果ある?

結論から言うとズバリあります!

紫外線による肌アレ、シミ、肌の老化の原因は体内にある「余分な活性酸素」です。
紫外線によってできた余分な活性酸素は、皮膚や角質層に含まれる脂質をを酸化し、
肌トラブルを引き起こします。

本来の活性酸素は体内のウイルスを駆除したり、老廃物を体外へ運び出したり、
血液の循環をスムーズにしてくれる私たちにとってよい物質です。

ですが、増えすぎた余分な活性酸素は脂質と結びついて過酸化脂質に変化して
様々な肌トラブルだけでなく、動脈硬化やがんなども引き起こします。

これに対応すべく、体内では活性酸素の増えすぎを阻止するための「抗酸化物質」
をつくっていますが、年齢と共に機能が低下してしまうのです。

さらに近年の大気中の汚染物質の増加や、食品添加物なども余分な活性酸素を
増やす原因になっているため、抗酸化力を持った食べ物を摂ることで補う必要が
あります。

紫外線対策に有効な栄養素は?

抗酸化物質には次のようなものがあります。

①フィトケミカル(ファイトケミカルとも呼ばれる)

・カロテノイド(β-カロテン、アスタキサンチン、ルテイン、リコピン)

・ポリフェノール(アントシアニン、イソフラボン、カテキン)

②抗酸化ビタミン(ビタミンA、C、Eなど)

③補酵素(ビタミンも補酵素ですが、その他鉄分、亜鉛、コエンザイムQ10など)

これらは、野菜や果物などに多く含まれています。

紫外線対策に有効な食材は?

抗酸化物質を含む食材をご紹介します。

・バナナ・・・抗酸化力が最も高い食材のひとつ。ビタミン、アミノ酸など。

・緑黄色野菜・・・にんじん、かぼちゃ、きゅうり、なすなど。カロテン、
         アスタキサンチンなど。

・香味野菜・・・にんにく、しょうがなど。アリシンを含む。

・大豆・・・イソフラボンが豊富に含まれる。

・トマト・・・リコピンを含む。トマトジュースに使われる種類のトマトに
       特に多く含まれる。

・緑茶・・・ポリフェノール(カテキン)を多く含む。コーヒーや紅茶にも
      含まれるが、緑茶が最も優れた抗酸化力を持つ。ビタミンCも。

・うなぎ・・・ビタミンE、コラーゲンなどが豊富。最近価格が高騰して
       いるので、アナゴなどでも同じ効果が得られる。

・サーモン・・・アスタキサンチンを含む。いくらにも含まれている。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です