夏バテに効く食べ物は?その効果とメニューをご紹介

毎年夏になると「夏バテ」でツライ思いをしていませんか?

今回は夏バテの防止や解消に役立つ食べ物について、その効果と
メニューなどをご紹介します。

 

夏バテに効く食べ物は?

夏バテの原因で多いのが、ジュース、ビール、アイスクリーム、氷で冷やした素麺など
冷たいものを過剰にとり過ぎたため胃腸の機能が低下して食べ物を受け付けない
ようになっていることです。

そのような場合は、まず冷たいものをとり過ぎることを控えて、次に食欲がない
ところに無理矢理食べようとしても逆効果ですから、慌てずに少しずつ
夏バテに効く食べ物を食事に取り入れていくことが必要です。

「土用の丑の日には『う』の付くものを食べればいい」

という言葉があります。

これは夏の暑い日には

・うどん
・うり(瓜)→胡瓜(きゅうり)、南瓜(かぼちゃ)、西瓜(すいか)
・うなぎ
・うめぼし
・うし

などを食べれば夏バテを防げるという昔の人の知恵でもあります。

夏バテに効く食べ物の効果は?

この「『う』の付くもの」をヒントに夏バテに効く食べ物の効果を考えます。

・麺類

うどんは炭水化物を多く含みますから、元気に活動するためには欠かせない
食べ物です。調理も容易ですし、ツルツルと食べやすいです。

暑いときはどうしても同じ麺類なら氷で冷えた素麺などに走りがちですが、
夏だからこそ、体を冷やし過ぎないよううどんでしっかり栄養を摂りましょう。

・夏野菜

うりというのは、夏が旬の野菜の代表です。うり科の野菜に限らず、

・トマト
・なす
・ピーマン
・とうもろこし
・枝豆
・オクラ

などの旬の夏野菜は他の季節にハウス栽培などで収穫された同じ野菜よりも
栄養価が高く、ビタミン、鉄分、カルシウム、食物繊維、酵素などを豊富に
含んでいます。

しかも、これらの栄養素は、夏に多量に汗をかくことで水分と一緒に体から
失われてしまうものなので、夏バテ防止・解消するには必ず補給しなければ
ならないものです。

・梅干(うめぼし)

これは、塩分とクエン酸を補給するということだと思います。

塩分は汗と一緒に流れ出てしまうので。また、クエン酸はすっぱいものに
含まれていて、疲労回復に効果があります。梅干の他にも、酢、レモンや
グレープフルーツにも多く含まれています。

・うなぎ、うし

ご存知スタミナ食ですね。たんぱく質や脂質が豊富です。

もちろん牛肉やうなぎに限らず、豚肉や魚類をしっかり取らなければ
夏を乗り切ることができないということだと考えられます。

その他

夏バテに効く食べ物としては以下もあげられます。

・玄米
・豆腐
・酢の物
・発酵食品(納豆、味噌、ヨーグルト、チーズなど)

夏バテに効く食べ物のメニューは?

・うどん又はおかゆなど温かいもの

うどんは冷たくして食べるものもあります。もちろん何も食べないよりは
ずっといいのですが、冷たいものの摂り過ぎで胃に負担がかかっている
のであれば、できれば温かいものがおススメです。

・きゅうり、なすの浅漬け

夏バテ気味で食欲がない方におススメです。旬の夏野菜で調理も簡単で
食べやすいです。

・夏野菜カレー

・海鮮丼(酢飯、マグロなどにシソやオクラをトッピング)

・冷しゃぶ(豚肉に夏野菜トッピング)

・冷やし中華(夏野菜トッピング、あまり冷たくしないのがコツ)

・味噌汁、豚汁(豚肉、野菜など具を豊富にして)

・もずく、あるいはワカメとタコの酢和え

・レバニラ炒め(ビタミン、ミネラル豊富)

まとめ

欧米などに比べて、日本の夏は湿度が高いのが特徴ですが、最近は
それに加えてさらに気温がどんどん高くなる傾向にあります。

屋外で活動する時には、風に当たったり、小まめにお茶やスポーツ
ドリンクなどを飲むことが必要ですが、屋内では逆に強いクーラーに
長時間当たるとか、冷たいものをとり過ぎるのは夏バテにならない
ためにも避けるべきでしょう。

胃腸に負担をかけないように注意した上で、旬の野菜や、温かい食べ物や
スタミナ食を適度に摂り、夏バテを防止、解消しましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です